2014-07-01

世界最強のパスポートの国はどこか?

観光戦争と平和スポーツ

AFPはRelaxnews/AFPBB Newsとし、ビザなしで入国できる国の数が最も多いのは、イギリス、スウェーデン、フィンランドで、世界で最も強力なパスポートとみなされてきたことが分かると報告した。

国外移動を専門に扱う情報サイトmovehub.comのチャートは、「あなたのパスポートはどのくらい強力か(How powerful is your passport?)」によると、イギリス人、スウェーデン人、フィンランド人が入国査証(ビザ)や余分な渡航書類なしで旅行できる国の数は173か国に上り、最多だった。

同Webサイトによると「パスポートとビザは、単にある国への入国許可を付与するものではなく、地政学や2国間関係、世界の他の国や地域と比較したその国の地位を反映している」と言っている。

■世界で最も強力なパスポートの国は、次のとおり。

173か国:英国、スウェーデン、フィンランド
172:米国、ドイツ、ルクセンブルク、デンマーク
171:ベルギー、イタリア、オランダ
170:カナダ、フランス、アイルランド、日本、ノルウェー、ポルトガル、スペイン
168:オーストリア、ニュージーランド、スイス
167:オーストラリア、ギリシャ、シンガポール
166:韓国
165:アイスランド
163:マレーシア、マルタ
159:リヒテンシュタイン

香港は152カ国で、台湾は130カ国、バチカンも130カ国、タイは68カ国、インドネシアは53カ国、インドは52カ国、カンボジアは46カ国、世界第2位の経済大国中国は43カ国しかない。

戦闘が激しいイラクは31カ国、アフガニスタンは最低の28カ国であった。

つまり、国内不安定指数とも比例しているようである。

また、イギリスは世界で最も海外の国で労働ビザなしで働くことを可能にしている。