2014-07-01

日本の景況感は.消費税で浸った。

BBC Nesは、日本の景況感は6月に3か月で浸ったことを日本銀行の最新の日銀短観が示したと報告した。

大きなメーカーのインデックスは前四半期のプラスの17からプラスの12まで落ちた。

肯定的な読みは、経済に関して楽観的に感じる会社が悲観的に感じるものに数で圧倒することを示した。

ビジネス楽観論が6四半期で初めて下がった。

その調査は、17年のうちはじめて4月に売上税の引き上げへの反応を測定すると注意深く見られている。

その結果は、感傷が今後数カ月で改善するであろうことを示した。

調査によれば、日本の大企業は、現在の会計年度の中で投資を7.4%上げることを計画している。
アナリストは、それらが経済に関して楽天的だったという徴候であると言った。

「単に消費税が上昇したというだけの理由で会社が経済が悪化するとは予想しないことを示して、資本支出計画は非常に強い」と三菱UFGモルガン・スタンレー有価証券の上級の固定収入戦略家Shuji Tonouchiが言ったと報告している。

日本は、4月1日に5%から8%まで消費税として知られている売上税(sales tax)の割合を上げた。

それが老齢人口により増加する社会保険料に面するとともに、その財政負担を緩和するために、その動きは、政府の試みと広く見なされている。

同時に、国は、GDP(国内総生産)のほぼ230%で産業化された国家の間で最も高い公債を抑制しようとしている。

1つの、吹き値、ビジネスが消費者に増加に渡すように見えたとして売上税の引き上げはさらに寄与した。

先月リリースされたデータは、日本の消費者価格が32年で最も速いペースで5月に3.4%の年率で上昇したことを示した。

それが、デフレのほぼ20年間の傾向あるいは低下する価格を逆にしようとしている日本の政策決定のための良いニュースだった間、いくらかは、価格中の急増が内需およびインパクト成長を傷つけるかもしれないと警告した。

東京の明治安田生命保険のチーフエコノミスト児玉裕一(Yuichi Kodama)「プライスは、賃金より速く上昇しています。したがって、期待された以上に消費者支出が落ちるかもしれないという可能性があります」と言った。

恐れは、国内消費が落ちる場合、それが景況感およびインパクト会社の支出計画を傷つけるかもしれないということである。