2014-07-01

スペインのBBVAは、HCEに基づいたNFCペイメントを始める最初の銀行。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、スペインのBBVAは、HCE(host card emulation/ホスト・カード・エミュレーション)技術を使用し、VISAのNFCモバイルペンイメント用の新鮮に鋳造されたクラウドに基づいた明細サービスを始めたと報告した。

Android NFCに基づいたスマートフォンを装備している銀行の顧客はBBVA Wallet appの新バージョンをダウンロードし、次に、店とカフェのような位置の中で、非接触ペイメントを可能にする。

BBVA Wallet app最新版は今年後半、米国、メキシコおよびチリで顧客が利用可能になる。

ただし、これはこれまで利用してきたクレジットカードを携帯電話に置き換えただけのサービスで、何ら新しいものでは無く、オンウェイのシステムで、手数料も同じように取られ、これまでのクレジットカード会社の生存を可能にしたもので、モバイル・マネーとはほど遠い後退である。

安全なデータが送受話器中の安全な要素に依存することに対立するものとして、クラウドの中に保持されるので、国際的な拡張は可能であるとBBVAは言った。

ところが、その保証は言葉だけである

HCEなしで銀行は、びスマートフォン中の地面のオペレーターと一緒の取引と、SIMカードの置換で取り引きを要求する。

BBVAは、商業ベースでHCEに基づいた技術をインプリメントする、最初の銀行であることを主張している。

ビザとマスターカードは、彼らがHCEのための基準に取り組んでいると今年始め、共同で発表した。

つまり、進化しないでクレジットカード会社がこれまで通り、継続できる空間を開発したことになる。

しかし、現在の発表は、多少HCEの役割を下へ果たし、ビザ自身のクラウドに基づいたシステムを宣伝している。

「BBVAウォレットの国際的な拡張は、ビザのクラウドに基づいた支払い明細の部分はHCE技術の使用を組込むことによって可能にした」とそれが言った。

BBVA Wallet appは、200,000人以上のユーザがある。

最新版は、その従業員および何人かのユーザーによって既に使用されている。

つまり、先進国は従来のクレジットカード・サービスを携帯電話に置き換えただけで終わらせることを計画している。

本格的なモバイル・マネーは、アフリカ、インド、中南米などで定着することが計画されている。

実に不思議な現象である。

多分、これは一過性で、最終的にモバイル・マネーへ移行するため、大きな変動が起こる可能性がある。
つまり、先進国が大改革について行け得ないため、新しいステップを作ったというのが現状と言える。