2014-06-24

イタリアにあるイギリス風の町。

観光

BBC Newsは、イタリアのリビエラ(Riviera)は長い間イギリスの旅行者を歓迎した。
その結果、ビクトリア朝の観光客の遺産は今までどおり、現在も見ることができる。

19世紀に設立された英語図書館は、まだオープンしていると報告した。

現代の観光旅行では、海岸のそばのその無限のコバルトブルーのよい気候および地中海とは言えなくなっている。

アラッシオ(Alassio)の迅速で便利なニース(Nice)からミラノ(Milan)までの連絡鉄道さえ、最近、わずかの非イタリア語を引き込んでいる。

現在、リグリア(Liguria)の魅力的な海辺の町は海外旅行産業の最高の部類ではない。
しかし、それはかつては海外旅行産業の最高であった。

構成者エドワード・エルガー(Edward Elgar)および彼の妻アリス(Alice)が1903年12月にここで降りた時、カップルは一面に英語の音声を聞いた。

遅いビクトリア朝(Victorian)・エドワードの時代(Edwardian times)では、イタリアのリビエラの他のリゾートのようなアラッシオは、健康を取り戻し、かつ冬の間寒い北を回避する場所であった。

そのとき、町の異常な英語図書館はよく設立された。

設立されて136年後、それが1週当たり4日間の午後をそのドアまだ開くことは、大部分は1人の著しく専心的な女性ジャクリーン・ロサドリ(Jacqueline Rosadoni)の仕事である。

ロンドンのジャクリーン・プール(Jacqueline Poole in London)で生まれた彼女は、1959年にアラッシオへほとんど偶然に来た。

彼女は19歳のときフィレンツェへ(Florence)行く前に短時間止まる予定であった。

しかし、彼女はその地方の鉛管工に恋をした。
2人は結婚した。
また、2人はそれ以来ここにいる。

彼女は、35年間イギリスに戻っていないと伝えた。

ジャクリーン・ロサドリは重いドアを開ける。
また、建設された建物の静かな画廊がどれが小さなエドワードの教会に似ているかを目にする。

壁は棚で覆われている。
また、本の通路があり、それらには約18,000冊が主題によって整えられ、ローンにによって注意深く利用可能である。

外部の通りはビアール・ハンブリー(Viale Hanbury)で、貧しい漁村だったものを変形するために、イギリスからの金銭が多くをした時代のことを話す。

ジャクリーン・ロサドリは、27年間彼女が未払いで図書館員の椅子を占拠した。

時代でさえ、彼女は、イギリス国教会教区牧師(Anglican vicar)がジェノア(Genoa)からサービスしに来るだろうということを思い出す。
しかし、集合は小さくなりすぎた。

その後に、特別職が必要だった場合、教区牧師(vicar)はニースから下降して説教に来る。

ジャクリーンは悲しげに微笑む。
それは一般に葬式を意味した。

一度はもあった何百永久のイギリスのコミュニティーは現在、恐らくその年の一部には再び駐在の同じ数と共に、約15でになった。

町の市長は挨拶を言うために到着した。

以前、ジブラルタルのイギリス国教会大司教管区は、図書館のたんめの紙幣のほとんどを払った。

現在、町で大きな市民寛大の行為で、それを支援する。

図書館がアラッシオ生活の一部だったと市長は言った。
お金を見つけるのは簡単ではない。
しかし、誰も、それが閉じるのを見るのを我慢することができない。

彼は、エルガーの時代からのオリジナルのびらを研究している。

「ハロッズ、ロンドンからの賃貸週刊誌についての最新の本があるアラッシオのイギリス図書館は、イギリス教会とティーガーデンの近くで、リビエラで最大の大英図書館!季節中に毎日開いています。」
市長は行く。
また、私たちは、私たちの後ろの棚を検査する。

ストックの部分が、第二次世界大戦の前以来、そこに行ったことのあることは明らかである。

通りおよび衰えさせられた背骨の列は、1920年代と30年代にアラッシオは、イギリス人に訴えたものの奇妙なスナップ写真を提供する。

少数の著者はウッドハウス(Wodehouse)とサマセット・モーム(Somerset Maugham)のように、親しいままである。

しかし、私は、今の人々がマリー・ベロック・ローンズ(Marie Belloc Lowndes)の作品、ニール・ベルの僧院長(The Abbot's Heal by Neil Bell)を読む人がいるかどうかジャクリーンに尋ねた。

ジャクリーン・ロサドリは正直な女性であった。

いいえ、彼女は、彼女がここにいたすべての年にそれらの本のうちのいくつかが出されていないと言った。

こういうところにいるイギリス人は、イギリスにいるイギリス人よりイギリス人を感じるが、どこか少しずれていることが多い。

そう言えば、ネパールのカトマンズに、ビクトリア時代にイギリスに留学していた王族が、図書館を移転して持ってきた。
その図書館Keshar Libraryは、今もカトマンズに残っている。

アラッシオ(Alassio)のGoogle Earthポインター情報
44°00'51.6"N 8°10'52.2"E
または、
44.014336, 8.181175