2014-06-24

ケニア人は、合法化された一夫多妻に、どのように反応しているか?

性とメディア

BBC Newsは、先月、一夫多妻を合法化する論争の的になっている法案は、ケニアで法則になった。

BBCのヤルダ・ハキム(Yalda Hakim)はBBC Our Worldで、それがケニアでどのように受け取られているかについて報告した。

ケニアのリフトバレーにおいて深い寒い夜明けに、3人の女性がその日の準備をしている。

1人はコック朝食、別の1人は、パンケーキを作り、3番目茶のためにミルクを取って来る。

しかし、62歳のアリス(Alice)、56歳のメアリー(Mary)および54歳のジョイス(Joyce)は、すべて結婚している同じ人の夫のためにこれをしている。

76歳のイサヤ・ントコット(Isaya Ntokot)には、15人の子どもと48人の孫がいる。

これに関して異常なものは何もない。実際、イサヤ・ントコットが考慮されるように、3人は裕福な人のために、過度でない、いずれにしても嫁をめとり、また、もしイスラム教でなければ、ケニアの男性は彼らが好きなだけ女性と結婚することができる。

生活様式とこれらの女性としてのマサイi受理(The Maasai accept polygamy)の一夫多妻は、数人の妻と結婚した父親と成長した。

彼らはすべて、また1人を共有する女性のグループの一部になる1日を予期した。

他のものより多くの権威を持っているとアリスは最初の妻として、思うが、3人は調和して生きるクレームを妻にする。

「私は何を行うべきかについてそれらに助言します」
「私たちが友達であるので、それは容易です。もし私たちがそれほど元気にならなければ、より困難でしょう。何かでそれらに反対すれば、私はちょうど努力し、冷静を保ちます。」と彼女が言った。

これらの女性は、市民の結婚あるいは教会結婚をすることではなく「慣習的な結婚」を始める以外に選択権をほとんど持っていなかった。

新しい制定法が可決される前に、慣習的な結婚はめったに登録されず、したがって、法廷で認識されなかったので、それらは法的な保護を欠いた。

これは多くの女性を脆弱にした。

もし夫が死ねば、それらを廃嫡することができるた。
また、子どもたちは権利と合法性を失う危険を冒した。

今、慣習的な結婚は、妻すべてに法的な認識および権利を与えて、イスラム教徒、クリスチャン、ヒンズーおよび市民のものと等しいものとして扱われる。

女権グループは、法律のこの様相を歓迎した。

それらが絶対に承諾しがたいと分かることは、再び結婚する彼の意図のどんな既存の妻にも通知することを人に要求する条項を下って投票するために、男性の議会人が大多数を使用したということであった。

法案が公言された議会議員マホメット・ジュネット(Mohammed Junet)について討議されていたとともに、
「あなたがアフリカの女性と結婚する場合、彼女は、第2のものが途中であることを知っていなければなりません。3番目のものは途中です。4番目のものは途中です。」
「こちらはアフリカ・スピーカーです。私たちはヨーロッパで暮らしていません。私たちはアメリカで暮らしていません。」
女性の代理人は抗議して飛び出した。

349人の女性議員のうち、ちょうど69人の議員のうちの1人ワンジク・ムヒア(Wanjiku Muhia)は、彼女自身慣習的な結婚中で、それが提供する保護のために法案を支持した。

しかし、さらに、彼女は、それが間違ったメッセージを発していると言った。

「私は女性として非常に失望します。また、この法律は18世紀、あるいはそのへんにケニアの女性に思い起こさせました。」と彼女は言った。

彼女は、「アフリカの文化は一夫多妻であると彼女は言うが、私たちが、何人かの[男性]が最初の妻に通知せずに、もう一人の女性をちょうど連れて来ることができることは無礼であると分かっている。」という考えを議論していない。

ワンジク・ムヒアは、もし彼女の夫がもう一人の女性を家に連れて来れば去り、多くの他の人が同じことをするだろう。と言った。

「そこで、私たちの標題は、私たちが多くの離婚をするでしょう。」と彼女は言った。

何人かの人は明白にそのような話によって脅かされたと感じた。

男性の権限付与グループを実行するンデリタ・ンジョカ(Nderitu Njoka)は、女性の手によってケニアの男性が経済で、法的・物理的な虐待をしばしば受けると言った。
また、彼は一夫多妻を防御した。

「あなたの最初または2番目奥さんが人としてあなたを尊敬しない場合、あなたのためのコックを好まない。彼女が行うと思われることを、次があなたにすべてする、そこに単にとどまり、ストレスの多い生活を送ることになっていない。」と言っている。

ナイロビの広大なキベラのスラム街(Kibera slum)では、モーリス・アドンゴ(Maurice Adongo)は、彼の2人の妻の間で、彼の時間を分割する。

それらは、個別の家で互いから5分未満離れて暮らしている。

彼はヴェロニカ(Veronica)との結婚生活への11年後、2番目の妻ブリジェット(Bridget)と結婚した。

彼は、それは完全な配置であると思っている。
しかし、ヴェロニカは反対する。

「私は、捨てられたように感じる。」
「話すべきいくつかのものでカップルが座るべきであり、しかし、もう一人の女性を関係へ連れて来ることが答えであるとあなたのパートナーが考えて、あなたが反対する場合、それはうまくいかないだろう。」と彼女は言った。

ヴェロニカにとって最悪の部分は、モーリスが彼女に伝えなかったということだった。

彼女は隣人から見つけ出し、彼女が悲嘆にくれていたと言う。

もしヴェロニカとの彼の結婚生活で、教会か市民の結婚ならば、モーリスは別の妻を連れて行くことができなかっただろう。

しかし、教会あるいは市民の結婚はケニアにおいて非常に高価になりえる。
したがって、多数が従来のものを選ぶ。

活動家は、今慣習的および民事婚(civil weddings)の間の差に関して人々を教育しようとしている。

さらに、それらは、その下で一夫多妻が許可されない民事婚をより簡単にする方法を捜している。

しかし、新しい法は、一夫多妻がもっと塹壕で囲まれるようになるだろうということを意味する。

それはロバート・ブルラレ(Robert Burale)のようなキリスト教リーダーに対する懸念である。
この人は議員が有望な混乱および核家族の終了であると言った。

「人の最初の妻が45歳で、彼が、19歳の少女を引き入れる、と想像する、45歳の女性は、どのようにすべての問題および寝室で19歳の少女に競争するだろうか。」と彼は尋ねる。

「これらの女性は、さらにより若い男性を捜すだろう。また、その後、路上戦いで人に会い始める。」
地溝でさえ、実行が深く埋め込まれる場合、一夫多妻にはその相手がある。

「私は、彼らが何と言ってもそれはちょうど全くないと思う。」
「私は、それらが、正確でないことを知っていると確信する。しかし、彼らが他の女性とまわりに走り続けたいのは利己的なことのための男性である。」とマサイ・コミュニティー労働者ジョイス・キエレイニ(Maasai community worker Joyce Kiereini)が言った。

形はどのように変わっても、男と女の間で、完全は存在しない。
どこかで妥協すべきと言うことだろう。
どちらかが、勘違いすると、先は混乱する。

2014-03-20---ケニアで一夫多妻制法案を可決、妻の拒否権削除。
2013-10-31---技術はどのようにインドの結婚を変更しているか!?
2013-09-01---インドのテレビが、結婚リアルTVでとりつかれている。
2011-09-02---ブラウザと一夫多妻の関係。
2010-11-23---カナダの一夫多妻: 男性は何人の妻を持つことができるか?
2009-09-28---経費節約のため4人の女性と同時結婚したズールー族の男性。
1924-03-02---指導者ケマル・パシャが、カリフ制、一夫多妻制を廃止した。