2014-06-24

カトマンズの青年は、人身売買で局面をサーカスで逆転した。

音楽ファッション人物

BBC Newsは、「代理人」と評する人々が彼の両親を騙して、よりよい生活のために近隣のインドのもとへ彼を売り飛ばされた時、ビジャヤ・リンブ(Bijaya Limbu)は8歳であった。

しかし、次の4年、彼は忘れたい悪夢であると分かった。

人身売買人によってインドでサーカス団に売られたビジャヤ・リンブは、アクロバットの練習をすることを強いられた。

彼が楽しませた聴衆の中の多数は、彼のような子どもであった。

チャリティー・ワーカーが彼を救い、彼をネパール経連れてきた来た時、彼の苦痛は終了した。

「私たちは、長い時間に備えて練習することを強いられました。それは困難でした。時々、私たちは打たれ虐待されました。私が多くの場合、それは、刑務所とサーカスの違いについて考えた。

現在、神の住む国ネパールのサーカス・カトマンズ(Circus Kathmandu)のスター実行者であるビジャヤ・リンブは、「幸いにも、私は救われました」と思い出している。

ネパールの唯一の同時代のサーカスの13人の実行者のほとんどすべては、前の人身売買の犠牲者である。

サーカス・カトマンズの最も大きなブレークは、イギリスで今年のサーカス大テントのグラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival at the Circus Big Top in the UK)で行なう招待であった。

それらは今週末一番の呼び物のうちの1つになっている。

そう言えば昔、悪いことをすると、サーカスへ売り飛ばすと言って脅されたことがある。
また、鞍馬天狗に出てくる、かくべい獅子は、売られた子供だったと聞いたことがある。

彼らの最新のショーは「Swagatham」である。
それは、ネパール語で歓迎される意味である。

45分のショーは彼らの生活とハイライト人身売買を反映する。

それは劇場で、サーカスとダンスの融合である。またそれらの個人の物語を述べるネパール語、ヒンディー語および英語の歌のミックスがある。

「サーカス・カトマンズは、あなたが倫理の娯楽と呼ぶことができるものを提供する。」
「それは、彼らがサーカス技術を伸ばすことができ経歴を持つことができ、独立した生活を送ることができることを意味する一組に給料を供給する。」とサーカス・カトマンズのボランティアのプロデューサーのうちの1人エリー・ターナー(Ellie Turner)が言った。

日本のテレビ局もくだらなくなってしまったお笑いタレントだけでは無く、彼らを招待したらどうだろう。

アクロバット、フラフープ、ジャグリング、ネパール・ダンス、ロープ登山、後ろ宙返りおよびタンブリングのショー中を行なう。

動物の虐待はいない。

共同創立者およびサーカス・カトマンズの共同管理者スカイ・ニール(Sky Neal, the co-founder and co-director of Circus Kathmandu)は、「これに直面する大胆な注意をつかむ方法のようにサーカス・カトマンズを設立するように見えた。」と言った。

スカイ・ニールは、またイギリスでサーカスの芸人である。

人身売買に対する強力な主張者である彼は、サーカス・カトマンズ実行者がさらに今いると言っている。
「さらに、それらは子どものためにワークショップを行い、自分の私生活、およびそれらが通り抜けたものに関して何百もの村民と話をする。」
「目的は、人身売買、およびなぜそれらが子どもたちに売るべきでないということで、村民の間の意識を変えることである」と言った。

サーカス・カトマンズは、劇場、ネパールの他の場所で、学校、企業イベントで月3あるいは4回公演する。

生成された収入はチーム・メンバーを支援するために使用される。

「しかし、プロジェクトは実際に残存するために寄付金を必要とする」とスカイ・ニールは言っている。

それらの訪問中に、イギリス議会人と職員の間で、人身売買に関する注意を喚起するために、グループは、さらにロンドンの上院で公演する。

サーカス・カトマンズが、ラスベガスで公演できるように、オバマ大統領は協力すべきである。

安倍首相も、サーカス・カトマンズを日本にも招待すべきである。

活動家は、約10,000人のネパールの子どもが毎年、インドへ取引され、その問題の極悪が外部の世界によって理解されていない、と推測する。

「ネパールの子どもは、インドと他のどこかで容易に利用することができる。」
現地語を知らず、それがホームからはるかに遠方に新しい場所で、どんな場所にも逃げることができない、それらは苦情を言うことができないとSano Paila.と呼ばれるカトマンズの非営利的なグループのシャイラジ CM(Shailaja CM)が言っている。

彼女は過去10年にわたって様々な救助作業に関係し、ネパールからの1,000人を超える子どものうち600を救った。

2011年のインドの最高裁判所は、子どもを雇用することをやめるようにサーカスに命じた。

活動家は、ネパールがさらにその問題を抑制する新しい手段を提出したと言っている。

これらのステップは、インドのサーカスで働くネパール人の子どもの数を著しく減らした。

しかし、シャイラジ CMは、他の職業で働くためにインドへネパール人の子どもが取引され続けると言った。

「インドとネパールは同意し、エントリー・ポイントをモニターしようとするべきである。今起こることは、誰でもインドまたはネパールへ歩くことができるということである。』と言ってる。

「政府は、売買しがちなエリアをリストするべきであり、教育および他の雇用に注目するべきである」と彼女が付け加える。

一方、サーカス・カトマンズの若い実行者は今週末のグラストンベリー・フェスティバルに興奮している。

今年の初めに、それらがドバイ(Dubai)に現われた。

また、来年、それらは、さらに、それらが原生のコミュニティーのための人身売買に関するワークショップを保持するオーストラリア(Australia)で行なうことを依頼された。

サーカス・カトマンズおよびそれらのメッセージは、グローバルになっているように見える。

まだまだ!ジャニーズは、彼らと競演すべきである。
エグザイルは、バックダンサーに彼らを雇うべきである。