2014-06-24

カザフスタンで、「Selfie」彫像は嘲笑の後に削除された。

人物

BBC Newsは2014年06月25日に、今や世界中で大流行の「Selfie」だが、地元住民が「Selfie」をホビットにたとえた後、カザフスタンの記念碑は急速に削除された、とレポートが述べたと報告した。

都市ウスチカメノゴルスク(Ust-Kamenogorsk)の2人の彫像は、19世紀の地方の作家アベイ・クナンバイエフ(Abay Kunanbayev/Абай (Ибрагим) Кунанбаев/1845 - 1904)と、東カザフスタンに追放されたロシアの科学者で民主派の活動思想家イブガニー・ミクハエリス(Yevgeny Mikhaelis/Українська: Померли у)で尊敬するために構築された。

しかし、Tengriニュースのウェブサイトによると、それが「Selfie」のように見えたことを指摘するためにソーシャルメディアで話題になったので、地元住民の軽蔑を直ちに引きつけた。

他の人々は、ホビットと、彼らの類似点を指摘した、とニュース・ウェブサイトNur.kzが言った。

記念碑の共同執筆者の1人ウラジミール・サモイロフ(Vladimir Samoylov)さえ、それがどこか調子が悪かったことを認めた。

彫刻家は記念碑を終了することで時間にしたがった、と彼がウスチカメノゴルスクに本拠があるウェブサイトYK.kzにわずかしか伝えなかった。

「私たちは大きなラッシュにいて、何が起こったか見ました。」
批判に続いて、記念碑はアベイ・アベニュー(Abay Avenue)とミクハエリス・ストリート(Mikhaelis Street)の交差点でそれが組み立てられた1日後の2014年06月24日に削除された。

それは「意見の一致した設計に反し」、彫刻家が、できるだけ早く偏差を修正するように命じられたと、地方自治体がTengriニュースに伝えた。

アベイ・アベニュー(Abay Avenue)とミクハエリス・ストリート(Mikhaelis Street)の交差点のGoogle Earthポインター情報
49°57'50.7"N 82°36'52.6"E
または、
49.964089, 82.614614