2014-06-24

ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞US$200万。

人物音楽

BBC Newsは、ボブ・ディラン(Bob Dylan)ののほとんどのポピュラー・ソングのうちの1つの作業草案「ライク・ア・ローリング・ストーン(Like a Rolling Stone)」はポピュラー音楽原稿用オークションで新記録を作ったと報告した。

サザビーズ(Sotheby's)で、「オークションで現われる最も重要なロック資料(the most significant piece of rock material to appear at auction.)」と評した原稿は、US$2,045,000で売れた。

ボブ・ディランが24歳の1965年に、上流社会から追放された孤独な初舞台女優に関して、歌を書いた。

それはワシントンDCのロジャー・スミス・ホテル(Roger Smith Hotel in Washington DC.)から4枚の文房具の鉛筆で不朽になった。

サザビーズによれば、有名な歌詞「No direction home Like a complete unknown Like a rolling stone(さだまった家も無いように、誰も知らない転がる石のように)」に加えて、原稿は、さらに歌参照、注意および個人の約束のマージン・ノートを含んでいる。

ディランの韻を備えた実験を示して、名前アル・カポネ(Al Capone)はマージンに書かれている。

未確認の販売者は、そのロッカーに遭遇し、彼から原稿を直接買ったディランの長年のファンと評されている。

手書きの歌詞の販売は、2010年の販売されたジョン・レノン(John Lennon)が書いた1967年のビートルズ(Beatle)のアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(ペッパー軍曹の恋人を求める人クラブ・バンド)」上の最終トラック「A Day in the Life」の影を薄くした。

それらの歌詞は2010年にUS$120万で売れた。

しかし、米国のオークションは、これまでのオークションの歴史を破壊しようとしている。

ボブ・ディランはまだ生きている。
その彼が書いた原稿が、約2億円なら、彼自身は何億円なのだろう。

こんな社会との隔たりが、米国社会を狂わしている。

2014-06-24---ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞を売り出し!

Related Dates