2014-06-24

WorldRemitは別の相互運用取り引きを締結。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、タンザニアで友達と家族のもとへ現金を送るモバイル送金会社WorldRemitの顧客は、今、Tigo Pesaのモバイル財布によってそれができるようになったと報告した。

新方式は、35カ国からお金を送っているWorldRemit顧客が、銀行口座振替、指定の代理人からの現金ピックアップあるいは資金をモバイル放送時間にトップへ変換することを含む受取人に対する他のオプションが、利用可能になった。

Mobile World Liveに伝えた内容によれば、それを実践するため、それは以前は多くの他の市場でオペレーター
ケニアのSafaricom、
フィリピンのGlobe and rival Smart、
ソマリランドのTelesom、
ウガンダのMTN、
ジンバブエののEconet Wirelessと相互運用取り引きを締結した。

CEOイスマイル・アフマッド(Ismail Ahmed)が今年Mobile World LiveでUS$伝えた時、WorldRemitは4000万の投資を以前に閉じた、それを実践する、彼の会社のビジネスは特にアフリカで、ユーザ-のますます多くによって営まれていた。
彼らは広い変更と同様に、それらの携帯用ハンドセット上から、オンライン送金額にオフラインでの支払いを受け取る。

会社から言及された世界銀行(World Bank)の数値によれば、タンザニアからの移住者は、2013年にUS$7500万を家へ送り返した。

同じ研究は、2008年以来タンザニアへのその送金額が2倍になったことを見つけた。

これは凄い、その裏で世界銀行の顧問になったケニアのSafaricomの元CEOマイケル・ジョゼフ(Michael Joseph)が動いていることだろう。
タンザニアのICT省は2013年09月06日に、200以上の農村へ携帯電話報道を拡張する計画の遅れのために世界銀行で官僚的形式主義を非難したと報告した。

2014-06-18---Kakaoのモバイル・マネーの動きは産業傾向を反映。
2013-12-19---マスターカードとパートナーはモバイル送金市場を育てる。
2013-09-06---タンザニアは、世界銀行を非難。
2013-07-23---世界銀行は、アフリカの土地所有混乱によって躊躇。
2013-05-20---アフリカのタンザニアでm-Pesa急上昇。
2013-05-12---フィリピンの選挙は、中間の投票で氏族と有名人が支配。
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスm-Pesa、インドに上陸。
2013-03-12---モバイル・マネーは、貧困にタックルするテクノロジー・ゲーム・チェンジャー。
2013-03-03---海外出稼ぎ労働者のためのHomeSendは、WorldRemitへの振替協定を発表。
2012-10-23---m-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2011-02-23---Safaricomの元最高経営責任者、世界銀行にアドバイス!