2014-06-24

日本は最新の経済改革を行う、それは、日本の完全復活を意味する。

BBC Newsは、安倍晋三首相の構造改革は、アベノミクスと呼ばれる経済改革政策の中心に位置する、3番目の矢を含み、すでに発射された最初の2本の矢は財政・金融政策であったと報告した。

日本経済が作動する方法へのこれらの深い改革は成長を行かせることから重大である。

彼は、「日本復活」することを示すために十分に役立つかになる。

彼が18カ月前に就任して以来日本の成長を復活させようと努力したように、それは彼の約束であった。

日本が1991年の暴落の前に米国に追いつくように用意を整えた経済だったことを思い出ることができる。

日本は不動産バブル爆発の前、1980年代に平均で印象的な4%で成長した。

安倍晋三首相は2%の成長がなかったならば、その迅速なペースを目指して進んでいない。

それは先進経済用の適度の成長率で、暴落以来ペースを2倍にする。

それは無理な要求である。

OECDは、経済の潜在的成長がちょうど0.75%であると推測し、グローバルな金融危機および2011の津波の2つの主な衝撃により、日本が過去5年に3つの景気後退を受けたことを指摘した。

経済の成長率を上げることは、より多くの要因を加えて、それらをより効率的に使用することによってより多くの出力を要求する。

障害の前方で、日本は両方の正面に挑戦をしている。

労働者の点では、より少数の労働者に出力を生産させるつもりの労働力は2050年までに40%傾くと推測される。

Womenomicsとあだ名をつけられて、女性を労働力に加えること、支援する。
しかし、限定的な移住システムは、直接労働者を輸入する別の手段を制限する。

首相は、非常に熟練した外国人労働者のための入国管理規則の弛緩を発表した。
しかし、それは十分ではないかもしれない。

さらに、彼はロボット工学革命を目指して進んでいる。

労働者としてのロボットは面白い開発になるだろう。

厳密な雇用形態は、さらに仕事への労働者のよりよく「一致する」ことを防ぐ。

仕事への技術で、よりよく一致することは生産性を上げるかもしれない。

しかし、従業員が仕事を求めて「摩擦によって」失業中で、そして、雇用者がより自由に賃貸し、解雇することができるとともに、その柔軟性はさらにより高失業率を意味する。

より高失業率は受理することが、政治上簡単ではない。

ビジネスの点で安倍首相は、特別利益団体に取り組み、規制緩和することを誓った。

日本のシステムが連結されたビジネスを備えた系列企業構成に構築されたように、多くの競争会社とそれをもっと地方分散された市場に転換することは速く起こらず、それらが作動する方法を変更するために最も強力な会社のうちのいくつかと対決することを要求する。

投資を上げることは成長を後押しすることができる資本を加えるキーである。

安倍首相は、35%の上からの法人税率を30%未満に引き下げるつもりで、そして29%のOECDの平均に恐らく接近している
税が投資を阻止しているかどうかは未決問題である。

というのも、日本の会社は、それらが海外へ投資した高い貯蓄率を持っている。

さらに、日本の公的債務がGDP200%を超過し、その主要な債務利払いを引いた予算ギャップの財政赤字がGDPのかなり大きい9%であると推測されるとともに、重要な政府収入上の波及効果がある。

たくさんの発表の中で、ヘルスケア・システムおよび年金資金運用基金の改革がさらにある。高齢化する人口をよりよく支援するために株価でかなり大きく豊富な1兆2600億でもっと投資することを目標とする。

来年までに恐らく10%まで消費税を上げる試みで、政府が会社を家で投資し、生産するように誘う要求を上げようと努力するとともに論争の的になっている。

最後に、この計画の最初の反復が昨年発表された時、多くの詳細が曖昧にしておかれたので、反応は生ぬるかった。またインプリメントされることで、この計画の形式上の除幕を備えたその感覚がまだある。

これは、最初の2本の矢の中に成功にもかかわらずここまであった。

顕著に、インフレは2%の目標にまだ達していないが、1.3%上昇している。

デフレは、それらが購入を延期し、したがって、会社がさらにもっと生産しないで、生産に投資するとともに、消費者が買うのを止めさせた。
したがって、それは打つべき重要な目標である。

目標が満たされるまで、中央銀行が現金を注入して、日本は積極的な金融緩和を通じてそれをする。

デフレとの格闘は、消費態度および堅い振る舞いの変更を要求する。
したがって、それが現われるより多くの複合過程になる。

構造改革はより多くの複合体になる。

しかし、最初の2本の矢ではなくそれらは、日本が本当に戻るかどうか判断することになると言っている。

日本人は、昔から3本の矢が好きである。

しかし、真実は、それほど単純では無い。
矢は多いほどよい。

2014-04-11---日本は、原子力を支持するエネルギー計画を承認。
2014-04-01---17年ぶりに、消費税が8%に引き上げられた。
2014-03-28---増税に先立つ9カ月間、日本の相場は上昇。
2014-01-27---日本の年間貿易赤字、最高を記録。
2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!
2013-12-25---ビジネス年度には、回復のサインがある。
2013-12-16---日本のビジネス・ムードは、6年前まで上昇。
2013-11-21---日本の日経平均株価は、6カ月で高く売った!
2013-11-20---日本は3年間で最大の輸出を記録。
2013-11-17---日本の首相は韓国を「愚かな国」と呼んだ。
2013-11-15---日本で、地球温暖化防止はできない?!
2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。
2013-10-21---またまた、中国国営放送CCTVの日本バッシング!
2013-10-19---安倍首相は、政策上のダブルスタンダードで非難された。
2013-10-01---日本政府は、消費税率を上げた。
2013-10-01---消費増税を5%から8%へ3%引き上げを閣議決定。
2013-09-16---日本は、最後に残された大飯の原子炉を停止させる。
2013-09-07---2020年夏季オリンピック、東京開催決定。
2013-08-12---日本の成長は第2四半期に期待されたより遅かった。
2013-08-06---日本は、米国によるテロ攻撃68周年記念を迎えた。
2013-07-26---日本の軍は、軍艦の増強とdronesが必要!?
2013-07-22---東京株式は、安倍晋三首相の勝利を抑えた。
2013-06-19---安倍首相がイギリスで自らを「高橋是清」に例えた。
2013-06-10---日本成長データ修正は先進国の回復希望を増大。
2013-06-07---アベノミクスは韓国に衝撃!
2013-06-03---日本、インドやアフリカに気前よく大枚叩く。
2013-06-02---日本は、北アフリカに1000億円を援助。
2013-05-30---日本と中国のアフリカをめぐる争奪戦。
2013-05-24---木曜日の日本の株価大暴落から、回復。
2013-05-16---日本経済は、回復サイン!
2013-05-15---日経平均株価は、2008年以来が初めて15,000円を超えた!
2013-05-12---日本がG7から了承を得た後、日経は上昇。
2013-05-03---日本とトルコは、原発開発取り引きに署名。
2013-04-29---安倍首相は、最初の領土紛争とエネルギーのトップ会談でロシアに向かった。
2013-03-28---日本の小売は2月に予測以上に落ちた。
2013-03-22---どうなる?日本とTPP。
2013-02-22---「Abenomics」は、病んでいる日本経済を治すことができるか?
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-12-26---日本の新政府発足と共に、アジア株上昇!
2012-12-19---東京株式市場は、第1部のPBR平均値が1倍を回復。
2012-12-17---民主は公示前の約4分の1。自公325議席獲得して圧勝。
2012-11-16---野田佳彦首相が来月総選挙に先立ち、議会を解散した。
2012-11-15---野田佳彦首相の解散宣言を受け、円安、日本株は独歩高。