2014年06月23日

NFCと、接近するライバルとの平和共存を予言。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、SIMallianceのチェアーマンであるフレデリック・バスナー(Frédéric Vasnier, chairman of the SIMalliance)は、そのメンバーがSIMカードのための世界市場の大多数を説明する企業団体で、HCE(Host Card Emulation/Host-based Card Emulation/ホスト・カード・エミュレーション)の上昇に続く、NFCに基づいたモバイルペンイメントの前途で楽天的な評価を述べたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フレデリック・バスナーは、HCEおよび安全な要素の両方を混合するハイブリッド手法の彼の予測の中で、最近のGSMA/Consult Hyperionの報告書によって作られたポイントの多くを反復した。

彼は、HCEがSIMに基づいたサービスにさらに役立つNFCのサービスの迅速な採用を伝えることができると言った。

しかし、安全な要素によって提示されたセキュリティ強化は、SIMに基づいたアプローチの方がもっと価値のある処理にはよいことを意味する。

ペイメント・サービス・プロバイダーがHCEトークン化アプローチを選ぶ場合さえ、果たす携帯電話会社のための役割およびそれらの安全な要素がまだある、とフレデリック・バスナーは言った。

ユーザーは、安全な要素上で格納された信任状を使用するトークン・サービス・プロバイダ(token service provider)を確証することができる。

「さらに、危険、非安全な環境中の格納するトークンで開始された、低い値信任状には扱いやすいかもしれない、しかし承諾しがたいだろう。高価値信任状に対処する場合、したがって、タンパー中のトークンの記憶装置、抵抗する安全な要素(the storage of tokens in a tamper resistant secure element inevitably provides)は、必然的に、最も安全な解決策を提供する。」と彼は言った。

2014-05-20---HCEを背部をつけたペイメントは、Inside Secureが提示。
2014-02-19---ビザとマスターカードは、NFCに基づいたモバイルペンイメント用のHCEを支持。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。