2014年06月23日

世界のLTE加入者は、4GよりWi-Fiを好む。

Mobile World Liveは、Wi-FiはLTE加入者の間の選択の接続になっている。

Mobidia Technologyによる研究によって、モバイルの解析の供給者は、Wi-Fiが、「LTE市場をリードする」際に消費されたすべてのモバイル・データで巨大な75-90%を占めたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

Mobidiaは、2014年の最初の4カ月間でアンドロイドの「何十万ものスマートフォン」およびタブレット・ユーザーの振る舞いをサンプリングした。

ブラジル、カナダ、ドイツ、ホンコン、朝鮮、日本、ロシア、南アフリカ、イギリスおよび米国は、カバーされた市場であった。

オペレーターが2つの重要なWi-Fiの挑戦に直面したとMobidiaは言った。

Wi-Fiがモバイル・データ事業を腐食することを防ぐ方法として、他のモバイルで固定ブロードバンドの提供物に、Wi-Fiを統合するために、よりよくユーザー・エクスペリエンスを増強する。

平均の毎月MB使用のLTE加入者、 - 2014年1月から4月で、きついデータは、3Gに対する制限をしのいだ。
また、4Gは、Wi-Fi人気への要因およびデータ手当てで、それらが北アメリカと西ヨーロッパで行うよりアジアに非常にそれほど寛大でなく見えるという疑問はなかった。

シスコの最新の視覚的ネットワーク・インデックス(Visual Networking Index)によれば、アジア-太平洋地域の2.3%だけの携帯電話利用者は、2GBの手当てを超過する月賦方式上にいた。

北アメリカでは、21.6%の携帯電話利用者は、2GBの計画上か、あるいは西ヨーロッパの9.5%であった。

Mobidiaの発見物は、昨年、EEによって行なわれた調査に真っ向から反抗するように見えた。

イギリスで最大の携帯電話会社は、4Gを採用して以来、その43%のLTE加入者が、より少数の公共Wi-Fi・ホットスポットを使用していないと言った。

さらに、EEは、ますます、LTEユーザーがWi-Fi使用法をカットしていることを知った。

Mobidiaの研究は、さらに、増加の目盛りは目立つが、LTE加入者が3G相当物より多くのデータを消費することを示した。

香港のLTE加入者は例えば、平均ほとんど100%となり、2014年の最初の4か月の3G加入者より多くのデータ消費であった。

研究からの他の発見は、日本、韓国および米国のLTE加入者が1人の加入者当たりで毎月のデータ使用法で主力市場をリードするということであった。

日本の加入者は、2014年に使用法の1か月当たり平均3GB近くとなった。

韓国の加入者は、その間に、セルとWi-Fi使用法を説明する場合に1か月当たり消費される平均として、12GBのモバイル・データであった。

日本とロシアの加入者はわずかに10GBのデータ消費未満で平均した。

日本の場合はWi-Fi発展途上国で、まだデパートにもWi-Fiが浸透していないと言う現状を反映している。

そのもっとも大きな原因は、東京都知事であったハイテク音痴で、女のことばかり考えていたセックススキャンダル党党首の石原チン太郎といえる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。