gaYa広告

2014年06月21日

プーチンは、ウクライナの停戦に資格のある援助を与える。

戦争と平和

BBC Newsは、ロシアの大統領ウラジミール・プーチン(Russian President Vladimir Putin)は、会談を始めることが「実際的なアクション」を含んでいる限り、ウクライナによって棚上げにされた和平案を支援すると言ったと報告した。

彼は、キエフが交渉するに違いないし、ロシア支持の反逆者との妥協に「実行可能で、かつ現実的である」計画に向かうに違いない、と言った。

プーチン大統領は、ペトロ・ポロシャンコ大統領(President Petro Poroshenko)によって宣言されたさらに1週間にわたる休戦(week-long truce)が「最後通牒(ultimatum)」として使用されてはならないと言った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

衝突は6人の国境警備隊が怪我をする反逆者の攻撃と共に東ウクライナで継続した。

分離主義者戦士は自分の停戦を破ったことでウクライナの軍隊を非難して、休戦を捨てた。

その間に、米国は、ウクライナで7人のロシア支持のリーダーに対する資産凍結を含む制裁を課した。

西側のリーダーは、ロシアに対する追加の制裁を脅かした。
それらはウクライナで緊張に火をたいたことでそれを非難する。

モスクワはクレームを否定する。

土曜の夜にクレムリンによって発表された声明は、ロシアのリーダーがポロシェンコ大統領の停戦を支援したと言い、「平和的解決を達成する、彼の明言される意図と同様に、多くの具体的措置をとる。」

ステートメントによれば、プーチン大統領は、さらにもしそれが「意味のある交渉、および東ウクライナの反対側の政治的な妥協」に結びつけば、計画が単にうまくいくだろうと主張した。

ウクライナの軍隊は、ロシアに接する東部地方の武装した分離主義者によってとらえられた建物および領域の管理を回復しようと努力した。

金曜夜に、分離主義者は、ドニエツク(Donetsk)とルハンスク(Luhansk)の地方の3つのウクライナの国境ポストを攻撃した、とキエフが言った。

反逆者は6人の国境警備隊を害して、ロケットおよび迫撃砲発砲でポストの殻をむいた。

ガンマンは、さらにドニエツク地域で、クラマトルスク飛行場(Kramatorsk airfield)の外側のウクライナの軍隊を攻撃した。

ウクライナの軍隊は反撃し、攻撃がすべて撃退された、とキエフが言った。

しかし、ウクライナの国境警備隊サービスは、ルハンスク地域の新聞Izvaryneポスト(Izvaryne post, Luhansk region)がその人員はロシアの領域へ退くことを強いられたと言った。

多くの死傷者は分離主義者の間で報告された。

ポロシェンコ大統領は、軍備縮小する反逆者時間を与えるために金曜日に停戦を宣言した。

それは22:00現地時間(19:00 GMT)から有効になった。

ポロシェンコ大統領は、さらに力を地方分散し、初期の選挙を行い、ウクライナ・ロシアの国境上で10km(6マイル)の緩衝地帯を作ることに関する和平案のための提案を明らかにした。

反乱勢力の指導者は、政府軍が東を去るまで彼らが軍備縮小しないと言った。

「ドニエツク人民共和国」の自称の知事パベル・グーバレフ(Pavel Gubarev, self-styled governor of the "Donetsk People's Republic")は、
「終始放つことがあります。また、ポロシェンコが話しているこの停戦は単に偽物です。ウクライナの軍隊は彼の管理の下でどちらもではありません。あるいは、彼は単に嘘つきです。」停戦がスロビアンスク(Slovyansk)の分離主義者力の稜堡の近くにないと言った。

クレムリンは、それが「平和と交渉への招待」ではなく最後通牒だったと言って、以前に休戦を捨てた。

狸と狐の化かし合いである。

ロシアが3月にクリミアのウクライナの地域を併合した後、米国とEU(European Union /欧州連合)のリーダーは以前に制裁を課した。

金曜日に、米国国債部は、それがウクライナの軍隊による包囲の下の都市の自称市長、知事および最高司令官を含む7人の反乱勢力の指導者をブラックリストに載せたと言った。

米国のそれらの財産を凍結した。
また、米国の会社はそれらに対処することを禁止させられる。

米国の当局は、さらにロシアの防御、金融およびハイテク産業に対する「メス」制裁が考慮されていたと言った。

ワシントンは、ロシアが、戦車を含む軍備を分離主義者に提供しておりウクライナとその境界に軍隊を構築している、と言った。

モスクワはクレームを否定した。

2014-06-20---武器文化を明らかにした、ウクライナの結婚式。
2014-06-16---ロシアが、キエフへのガスをすべて止めた。
2014-06-14---ウクライナは、ロシア支持者が軍用機を撃ち落とした後、仕返しを誓った。
2014-06-07---ウクライナのペトロ・ポロシェンコが大統領に宣誓就任した。
2014-06-06---プーチン大統領は、次期ウクライナ大統領と会った。
2014-06-01---ロシアのプーチンが、ウクライナはガスに現金を払わなければならない、と言った。
2014-04-12---ドイツ人は、ロシアの人をみんなで一緒にいじめたくない。
2014-04-10---プーチン大統領は、ウクライナの負債で、ヨーロッパにガス不足を警告。
2014-04-07---ウクライナの親ロシア派、東部ドネツクで「共和国」樹立を宣言。
2014-04-01---ロシアのエネルギー会社、ウクライナのガソリン価格を大幅値上げを発表。
2014-03-17---EUと米国は、ロシアとクリミア上の制裁を課す。
2014-03-10---キエフのロシアン・ルーレット。
2014-03-10---プーチンの経済ギャンブルとクリミア急襲。
2014-03-04---クリントン前国務長官は、プーチン大統領は「ヒトラーのよう」と言った。
2014-03-04---ウクライナの側面、ロシアの貿易および金融制裁発言は、間違い!
1945-08-08---ソ連(当時)が日本に宣戦布告した。
1941-09-08---ナチスが、ソ連の都市レニングラードの攻囲として包囲を開始した。
1917-12-06---フィンランドが、ロシアから独立する宣言をした。
1905-09-05---日露戦争の講和条約が米国のポーツマスで調印された。
1905-05-27---日本の連合艦隊がロシアのバルチック艦隊の21隻を撃沈し、破った。
1905-03-10---日本軍が奉天(現在の中国/瀋陽)を占領した。
1905-01-05---乃木将軍とロシアのステッセル将軍が水師営で会見した。
1905-01-02---ロシア軍は旅順要塞を日本軍に明け渡した。
1905-01-01---ロシア軍の旅順要塞が陥落。
1904-12-05---日本軍が203高地を占領した。
1904-03-27---日露戦争で広瀬武夫が被弾して、戦死した。
1904-02-10---日露戦争が始まった。
1902-01-30---ロンドンで日英軍事同盟が調印された。
1812-11-09---最強のナポレオン・ボナパルトが敗北した。
1812-10-19---ナポレオンがロシアから退却を開始した。
1807-07-07---ナポレオンが、ロシア領ティルジットで平和条約を締結した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト