gaYa広告

2014年06月21日

ケブラー発明者ステファニー・クレックが死去した。

BBC Newsは、防弾チョッキと防弾服の中で使用される軽量のファイバーのケブラー(Kevlar)の発明者ステファニー・クレック(Stephanie Kwolek/1923 - 2014)が90歳で死去したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1965年に鋼より強いファイバーを発明した時、者ステファニー・クレックはデラウェアウィルミントンのデュポン(DuPont company in Wilmington, Delaware)の会社の化学者だった。

それは、自動車タイヤの中で使用されることを最初に意図した。

ステートメントで、デュポン最高経営責任者エレン・クルマン(DuPont chief executive Ellen Kullman)はステファニー・クレックを「創造的で決定された化学者および真実の科学開拓者の女性」と評した。

ステファニー・クレックは、会社の顕著で技術的な達成のためのラボアジエ・メダル(Lavoisier Medal for outstanding technical achievement)を与えられるデュポンの唯一の女性従業員である。

ステファニー・クレックは、「私は発見したことを知っていた」と数年前にインタビューで言った。

「私は「ユーレカ」を叫ばなかった、しかし、全体の研究所が起動されるように、私は非常に興奮した。また、我々が新しいもの、異なるものおよびこれを捜していたので、管理が起動されたのだった。」
彼女は1986年に会社を退職した。

ケブラーの発明以来、資料は、警察Ltデビッド・スピーサー(Police Lt David Spicer)のを含む何千もの命を救った。
この人は2001年に彼の傷から回復する間に電話上でステファニー・クレックに話しかけた。

「彼女はすさまじい女性だった」とLtデビッド・スピーサーがAP通信社に伝えた。

飛行機、携帯電話および帆舟を含む様々な製品で、保護服に加えて、ファイバーは見つかる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。