gaYa広告

2014年06月21日

ケブラー発明者ステファニー・クレックが死去した。

BBC Newsは、防弾チョッキと防弾服の中で使用される軽量のファイバーのケブラー(Kevlar)の発明者ステファニー・クレック(Stephanie Kwolek/1923 - 2014)が90歳で死去したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1965年に鋼より強いファイバーを発明した時、者ステファニー・クレックはデラウェアウィルミントンのデュポン(DuPont company in Wilmington, Delaware)の会社の化学者だった。

それは、自動車タイヤの中で使用されることを最初に意図した。

ステートメントで、デュポン最高経営責任者エレン・クルマン(DuPont chief executive Ellen Kullman)はステファニー・クレックを「創造的で決定された化学者および真実の科学開拓者の女性」と評した。

ステファニー・クレックは、会社の顕著で技術的な達成のためのラボアジエ・メダル(Lavoisier Medal for outstanding technical achievement)を与えられるデュポンの唯一の女性従業員である。

ステファニー・クレックは、「私は発見したことを知っていた」と数年前にインタビューで言った。

「私は「ユーレカ」を叫ばなかった、しかし、全体の研究所が起動されるように、私は非常に興奮した。また、我々が新しいもの、異なるものおよびこれを捜していたので、管理が起動されたのだった。」
彼女は1986年に会社を退職した。

ケブラーの発明以来、資料は、警察Ltデビッド・スピーサー(Police Lt David Spicer)のを含む何千もの命を救った。
この人は2001年に彼の傷から回復する間に電話上でステファニー・クレックに話しかけた。

「彼女はすさまじい女性だった」とLtデビッド・スピーサーがAP通信社に伝えた。

飛行機、携帯電話および帆舟を含む様々な製品で、保護服に加えて、ファイバーは見つかる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。