gaYa広告

2014年06月20日

キューバのフィデル・カストロの古いリムジンは、ハバナ・タクシー。

戦争と平和

BBC Newsは、世界中の他のリーダーのように、キューバのフィデル・カストロ(Cuba's Fidel Castroz)は彼はこの数年にわたって何台かの政府リムジンを持っている。

しかし、それらはより古く、ソビエト作られたされた大統領専用リムジンのうちの何台の就役は解かれており、ハバナのタクシーとして再起していると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

その高級車は、歴史に対する興味を持った外国人観光客を運ぶ、ハバナの通りで見ることができる。

これらの自動車の約14台は5年前にCubataxiに渡された。

ドライバーのうちの1人モイーズ・スアレス(Moises Suarez)は、国有会社がまだ自動車のうちの10台を利用していると言った。

「自動車が来たところで、彼らがそこの背もたれに座り脚と発言権を伸ばすと私が乗客に伝える場合、「私はそれを信じることができない」」とモイーズ・スアレスがAP通信社に伝えた。

リムジンは、1960年代から1970年代にソビエトで作られたGAZとZILのモデルで、島に訪問中の高位高官を乗せるためにしばしば使用された。

しかし、伝えられるところによれば、フィデル・カストロは彼自身、軍事のスタイルのジープを彼の個人的利用に使用することを好んだ。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト