on-the-time.jp

2014年06月14日

虎が.2匹も自宅に住み着いてしまった。

自然

BBC Newsは、2頭の珍しいスマトラ島の虎が北ブリズベーンのオーストラリア動物園(Australia Zoo, north of Brisbane)で生まれた時、それらは生活の最初の数カ月間キーパーのうちの1人と一緒に住むために送られてきた。

ジャイルズ・クラーク(Giles Clark)は、彼が2頭の虎を家へ連れてきた時、何が起こったかを説明した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

スポット(Spot)とストライプ(Stripe)は私が表側の部屋で育てた最初の虎の子ではない。

ジャイルズ・クラークは最初に、沈黙の北ロンドンの家にまだ生活しており、近くの小さな動物園で働いていた約20年前にライオンと虎の子を育てた。

現在、ジャイルズ・クラークはオーストラリアで暮らし、11年間クィーンズランドの同じ場所で働いている。
これらはオーストラリア動物園で生まれた最初の虎の子である。

全体的に、束縛でのスマトラ島の子の3分の1は成年期まで生き延びられない。
したがって、それらの存続を保証するために、ジャイルズ・クラークは、家でそれらに24時間ケアを与えることに決めた。

ジャイルズ・クラークは、多くのライオンを理解した。
また、虎子は沈黙の場所を破壊した。
また、ジャイルズ・クラークは同じことが家で起こらなくすると決意した。
したがって、それらが到着する前に、ジャイルズ・クラークたちは少数の修正をした。

ジャイルズ・クラークたちはカーペットを巻き上げて、床上にリノリウムを下に置いた。

さらに、ジャイルズ・クラーク私たちの家が公開計画であるので、ジャイルズ・クラークたちはいくつかの障壁をまた構築しなければならなかった。

ジャイルズ・クラークは、自宅で最も若い、8歳の息子Kynanは、特に到着している虎に興奮した。だがジャイルズ・クラークたちのすべてに2人の子どもを実際に生活させている。彼らの生活の一部で、かつそれらが成長するのを見る機会を賞味した。

ジャイルズ・クラークは、妻と子供とそれらが家へもたらすことを心配しなかった。

これらは子であった。

それらは、重さ約2.5kg(5ポンドの8oz)で、そこで非常に小さかった、絶対に危険ではなかった。

4カ月で、それらは中型の子犬よりいくらか大きくいくらいにしかからない。

ちょうど子犬のように、それらは、あなたのスリッパ上の咀嚼のような物事をする。
しかし、それは、期待することができる最悪の事態に関係していた。

同時に、最大限の尊敬でそれらを常に扱い、それらが、何をできるか忘れないことは重大である。これらは野生動物である。それらは強力で満ちている。それらの歯と爪を使用する方法を彼らに伝える。

それらがより行動的で、より強健になるとともに、ジャイルズ・クラークたちはそれらにその日に家の近くで自由に歩き回らせる。しかし、私たちが眠っていた時、ジャイルズ・クラークたちは、大部屋でそれらと一緒でいなければならなかった。それらは害を目論む。

ジャイルズ・クラークたちはそれらが部屋を上下逆さまにして、それを動物園のように見せていた。

ジャイルズ・クラークたちとさえ、それらを見て、それらはすべての種類のものに起きる。

ジャイルズ・クラークたちはそれらを古いソファー上で遊ばせる。
また、やがて、あたかもそれが動物死骸かのように、それらはそれをきれぎれに引き裂いた。

子は絶対に私たちの家族犬シーザーおよびルビーを愛しており、それらで互いに遊んでいる。

まだ、それが餌になると気が付いていないのだろう。
いつか,それが食い物と気が付くのだろうか?

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト