gaYa広告

2014年06月07日

エリザベス女王は、パリの花市場の改名を与えられた。

戦争と平和美容と医学の科学

BBC Newsは、パリの人々は彼女の名誉中で、花市場の指定により女王に敬意を払ったと報告した。

彼女とエジンバラ公は土曜日に、Marché aux Fleursとして知られる市場を、今後はReine Elizabeth II になる花市場を旅行した。

パリに行ったら,ぜひここで赤い薔薇を買い、もっとも好きな人に渡すべきである。

赤い薔薇を受け取った女性は,花びらを生涯の宝に---

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

それは、Dデイ(戦勝)の70周年記念(70th anniversary of D-Day)を迎える、イギリス国王のフランスへの3日間の訪問の終了を示した。

金曜日に、彼女は退役軍人と戦死した同僚を追悼するためにスウォード海岸(Sword Beach)上で、他の国家元首に加わった。

1948年に彼女の最初の旅行で、花市場を訪れた女王は、彼女の訪問をマークするために飾り額を明らかにした。

後で、彼女は、フランスのフランソワ・オランド大統領(French President Francois Hollande)が参加して、フランスからの儀式の出発に続き、エジンバラ公と自家用機に乗った。

その日の始めに、女王は、市長Anne Hidalgo、および通りの外部に並んだ何百もの応援者によって歓迎され、パリのシティ・ホールを訪れた。

ツール・ド・フランスを勝ち取った最初のイギリス人ブラッドリー・ウィギンズ卿(Sir Bradley Wiggins, the first Briton to win the Tour de France)は、さらにノートルダム大聖堂に近い都市の中心にある花市場に参加した。

彼は、ヒーローのヘルプ用資金を調達するためにパリ経由でブリュッセルからロンドンへ旅行しているチャリティー・サイクリストのチームと参加した。

金曜夜に、クイーンは、オランド大統領によって主催されたエリゼ宮(Elysee Palace)宴会の主賓であった。

彼女は、Dデイ上陸に参加したが、次のように付け加えた連合軍の勇気中の誇りのことを話した。
「私たちの平和と繁栄は、当然と考えることができず、絶えず、世話されるに違いない。その結果、二度と、私たちには、私たちの戦死者の若さの記念碑を製作する原因がありません。」
さらに、英語とフランス語を交互にして、彼女は、「国際平和およびセキュリティの受託者のうちの2人」として,イギリスとフランスが各々担当役割を持っていると宴会で伝えた。

そこにはオバマ大統領やプーチン大統領なども同席したが、いかなる人がいようと、そこでもっとも尊敬されたのは,エリザベス女王であった。

調子において暖かく、親愛なと、記述されたスピーチで、オランド大統領は、クイーンが句を擬人化した女性であると言い、「静かにし、続行してください。」オランドは2つの国を「双子に似ている」と評し、「私は、フランスの人々の偉大な英国民、同盟国および友達にグラスを持ち上げた。

Marché aux Fleursとして知られていた花市場Reine Elizabeth II のGoogle Earthポインター情報
48°51'19.0"N 2°20'51.8"E
または、
48.855269, 2.347717

2014-06-06---100万枚のバラの花弁が自由の女神像でばらまかれた!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告