2014-05-29

ニジェールで、幼い花嫁のための大金。

性とメディア

BBC Newsは、BBCの特派員のフェーガル・キーネ(Special Correspondent Fergal Keane)は遠隔の地域で12歳ほど若い幼い花嫁(child brides as young)に会った。

ニジェールは、子ども結婚の最も高い割合のうちの1つを世界で持っており、その実行を止めようと努力している、とBBCのフェーガル・キーネが書いている。

それが、遠方に正午の明るい光に対する小さな曇りのように現われる。

しかしより接近して来ること、集い力、風は、砂の動いている雲を作成する。

アガデス(Agadez)の不毛の北のトワレグ遊牧民(Tuareg nomads)に連絡する時には、それが皮膚露出部のすべての部分を刺して、顔へ撹拌していた。

それらはしゃがみ込み、風に背を向けて、嵐が過ぎ去るのを待った。

この景観のすべての選択の機会は存続の命令によって定義される。

ニジェールのトワレグでの生活は、飢えと貧困が蓄積する挑戦に対する絶え間ない努力である。

それらは、国連の人間開発指標187のうち187位で最も低く位置し、世界で最も高い出生率を持っている国に住んでいる。

ニジェールは、さらに子ども結婚の世界で最も高い割合のうちの1つを持っている。

少女の約24%は、15歳で結婚する。

18歳で結婚は、ほぼ80%まで上昇する。

大多数のハウサ・コミュニティー(Hausa community)を含むニジェールで著しいエスニック・グループすべてに影響する社会現象である。

主な理由は経済である。

切羽詰まった家族は娘の結婚で、手の代わりに「花嫁価格」を受け取る。

既婚の少女はさらに供給するべきもう1つの少ない口である。

また、妊娠しているようになる未婚の十代の少女の根深い恐れがある。
あるいは、一つとして、母親は
「彼らは簡単に義務不履行者になることができます。」とそれを置いた。

ニジェールの子ども結婚の話は欠乏、および社会の女性の総合持高に定着している。

アガデスの北部都市で、私たちは何千ドルが払われた近隣のナイジェリアから裕福な人とのトワレグ少女の結婚のことを伝えられた。価格は少女の美によって変わる。

彼女の姓名が使用されないように求めた1人の母親アミーナ(Amina)には、15歳の娘がいる。

彼女は失業中で、夫から離婚された。
また、ニジェールを「女性が夢を見るべき余地がない」場所と評した。

結婚は娘の選択だったが、自分が裕福な求婚者を歓迎するだろう、と彼女が言った。

「何百万を提示して、豊富なナイジェリア人が来る場合、[現地通貨の中で]多くの家族が選択技を持っていません。それらは、若くても、それらを結婚させるでしょう。」アミーナは付け加えた。

いくらかについては、そのような結婚の結果は破滅的になりえる。

アイシャ(Aysha/仮称)はカノの北部のナイジェリアの都市からビジネスマンと13歳で結婚していた。

「私は、それが、私が(彼女は言いました)幸福だった人との結婚に関係していたのではなく、非常に若い、また、私には助言に誰を呼びに行くことができたかに対して誰もいませんでした。そうであると思いました。」

彼女の家族から遠くに、アイシャは、自分が新しい夫のホームの中で拘束されていたのを見つけた。

「彼は、あたかも、彼が私を買ったかのように、常にそれを作ろうとしていた。私は彼が必要だったが、「彼が私を買ったので」と彼女がBBCに伝えた。
アイシャは、彼が来て約10日後に、寝室に彼女を閉じ込めたことを思い出した。

「彼は、あたかも彼が私をレイプするかのようにし、ベッドルームの中で私をロックした。毎日で私を犯しました。」と彼女が言った。

ティーンエイジャーは、どうにかその後、彼女の兄弟の助けを借りて逃げた。
そして、今21歳で、看護師になるるために勉強している。

妊娠する若い少女のためのさらに著しい健康問題がある。

ニジェールの首都ニアメのドモル・クリニック(Dimol Clinic in Niger's capital, Niamey)では、12歳くらいの若い結婚していた少女がいた、
Dimolとは、ハウサ語で「尊厳」で、クリニックでフィステルのために少女と女性を扱い、物理的に成熟する前に出産する少女にしばしば生じる婦人科医学の条件である。

それは重症の伝染および不節制に結びつく場合がある。

クリニック管理者は、アフリカで本音を率直に言うシンボルのサラマトウ・トラオレ(The clinic director is Salamatou Traore, a straight-talking symbol of African dynamism)である。
この人はその問題の多くのために欠乏および教育の不足を非難している。

「変更を得ることは非常に困難です。また、それは非常に高価です。ほとんどの人口が無学なので、それは容易ではありません。」と彼女が言った。

「それらは学校へ行きません。また、それらは、少女が行くことを可能にしません、学校の変更は困難です。」
若い少女の結婚が、ここで社会規範である間、さらに、それは宗教指導者から明示的な援助を与えられる。

政府が少女に、より多くの保護を与えるために法を導入しようとした時、それはこの圧倒的にイスラム教の国の著名な聖職者からの強い反対に直面した。

アガデスのコーランの学校で、首長アッバース・ヤハヤ(Sheikh Abbas Yahaya)は、結婚がカップルの肉体的成熟に依存するべきであるとBBCに伝えた。

「それは、少女およびその人の体に依存します」と彼が言った。

「2つが成熟している場合、年齢さえイスラム教の中で、結婚はさらにOKかもしれません。9歳で、少女が正しい状態ならば、彼女は結婚することができることができます。」
Unicef(United Nations Children's Fund/国連児童基金)は変更のためにキャンペーンしている。

それは町と村で意識プログラムを実行している。

ニジェールのそのチーフ子ども護衛官ブリジッド・ソンオイス(Brigitte Sonnois)は、子どもの結婚が広い正面上で取り組まれるに違いないと言った。

家族のための食糧安全保障の作成は、教育と同様に不可欠で、批判的に、社会の女性のステータスを変更している。

「彼らの多くが妻と母親で、子どもを育てることを予期したとともに、人々は、実際に少女に見合う教育の価値を見ません」と彼女がBBCに伝えた。

そのような態度を変えて、それらを作成するのを支援する貧困に取り組むことは気力をくじくようなタスクである。

貧困の中で暮らしているほとんどの少女にとって、彼らの生命に関する選択権を持っているという見通しは現状では確かである。

2014-05-14---これは、世界一幸運か?それとも不幸か?また、何がポピュラーか?なぜだ!
2013-10-31---技術はどのようにインドの結婚を変更しているか!?
2013-07-26---イエメンの幼い花嫁、オンライン苦境嘆願ビデオ。世界中で大爆発!
2012-05-25---虐げられた幼い花嫁から、大富豪になったインドの女性!
2010-04-02---イエメンの強制結婚制度で、13歳少女が性交時の出血で死亡。