2014-05-30

フィリピンは、アジアで次のテクノロジー・タイガーか?

BBC Newsは、フィリピンは、南東アジアで最も急成長している経済を持っているかもしれないと報告した。
しかし、さらに、それには地域で最も遅いインターネットがある。

これにもかかわらず、それらは国をアジアで、次のテクノロジー・タイガーに変えることができる機会を見つけたと思う人もいる。

オーロラ・アルメンドラル(Aurora Almendral)は、献身的な信者のうちの数人に会った。

新聞においては、フィリピンが、新興テクノロジー・タイガーの成分をすべて持っている。
使うべきお金を備えた急成長している中流階級。
11億強の大部分は英語を話す。
ソーシャルメディアに中毒人口。
低い労働力プラス運転費用。

しかし、島のいかなる場所に行っても、それらの手のひらの中の携帯型デバイスを備えたもののうちの多数上で挫折した顔に気づく。

インターネット速度は残虐である。12.4Mbpsの地域平均より低い3.6Mbpsである。

隣人シンガポールの61Mbps、米国平均22.3など考えられない状況である。

カバレージは、モバイルのためい継ぎはぎである。

都市の外部では、1990年代の方が良い。

最近到着したテクノロジー起業家ピーター・ファビアン(Peter Fabian)の言葉では、任意の経験を積んだシリコン・バレーの投資者に、フィリピンは「世界の終わり」のように見える。

フィリピンは、南東アジアの残りより何年も遅れた。
また、次のテクノロジー・ハブを捜す起業家は、タイとシンガポールのように、他の近くの好景気のための国を見下ろした。

しかし、ピーター・ファビアンは、
「私たちはフィリピンをよいテストする市場と見なします。」

新興市場を世界中で研究した後に、彼は操業開始をフィリピンに決めた。
それは、いない中間クラスに向けたクレジット・カード会社へ、従来の銀行の顧客を作ってやるために大きなデータを使用することを目標とした。

更に、多くの未探検の機会があり、そして、多くの競争ではなく、まわりにわずかの経験を積んだテクノロジー起業家があり、
ピーター・ファビアンも、旧米国植民地として、国が多くの米国の機関を共有し、フィリピンに非常になじみ深く感じさせて、同様の文化を持っているという事実に引きつけられた。

「外国人に対する姿勢は非常に歓迎しています。それはアジアで多くの人々について言うことができません。」とピーター・ファビアンは言った。

フィリピンの操業開始場面は小さい。
しかし、人々はぽつぽつ入り始めている。

いくらかは、ファースト・ファッションecommerce、毎日の取り引きサイトあるいはタクシー・サービス・アプリケーションのように、地方市場で西洋の製品を適応させている。

他のものは、ロン・ホース、シリコン・バレーを生じて、マニラ本拠の起業家および投資者のように、よりローカルの挑戦のソリューションを見ている。

かなり前から、フィリピンのプログラマーの能力を賞賛する人に会った。
しかし、なぜか尻すぼみになってきた。