on-the-time.jp

2014年05月30日

メッカのカーバ神殿に足を置いた写真で、アラブ世界大騒動!

宗教

BBC Newsは、神聖なメッカのカーバ神殿の建物に足を置くサウジ警官の写真は、アラブ世界の多数怒らせただけでなく、同情の波を引き起こしたと報告した。

その写真は,Twitterによって広く共有されており、カーバ神殿に対して後ろにそる警官を示すように見える。
メッカでイスラムの最も神聖なモスクの中心に構築する正方形のカーバ神殿。

それは不明瞭で、この人の写真を撮った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「これは地球で最多の聖地で、彼がどのようにそれを害しているかを見てください」とあるTwitterが言った。

「人々はカーバ神殿にちょうど一度触れるために彼らの生涯夢見ます。しかし、この男は非常に無礼です。」ともう一人が、多くのイスラム教徒が尊いスポットへ巡礼することを望む巡礼に関して言った。

ハッシュタグ #عسكري_يضع_قدمه_على_الكعبة(英語に訳すと#SoldierPutsHisFootOnTheKaaba)が17,000回以上使用された。

その出版に反対する何人かの読者からの苦情を刺激して、多くのニュースWebサイトに現われた。

メッカの知事ミシャル王子のビン・アブドラ・ビン・アブデュル・アジーズ(The governor of Mecca, Prince Mishal Bin Abdullah Bin Abdul Aziz)に伝えられるところによれば、その出来事の調査を命じて、懲戒処分を要求した。

アラビア人の文化では、靴で神聖なものに触れることは攻撃で、高度に考慮される。

職員は、規則的にモスク使用のそのスタッフは、彼が靴ではなくゴム・スリッパのタイプを着用していると最初に主張した。‥‥。

多数が警官を弁護して自由に発言するためにTwitterをとった。

多数は、彼が非常に疲れており、必要に違いあり、そして壊れたに違いない、と言った。

「これはばかげている。人々は彼らの優先事項をきちんとする必要がある」と一人が言った、また、「それは単に大きな岩民族である」、と別のものは言った。

数人の人々は、絵がそれ自身偽善であることを示唆した。
「誰がメッカ巡礼中に写真をとっているか?(Who's taking photos during Haj?)」と、一人は尋ねた。

見たところでは、ミシャル王子は今、作用する方法として、モスクでスタッフを教育するワークショップおよび講習会を保持してくれるように警察に依頼した。

メッカ(mecca)のGoogle Earthポインター情報
21°25'21.14"N,39°49'34.23"E
または、
21.422539, 39.826175

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。