on-the-time.jp

2014年05月30日

中国への外国投資で、サービス部門を開始。

新華社は、国内と海外での圧力の下で、外国貿易を浮かし、かつその経済を再構成するために、中国は、サービス部門に変わっていると報告した。

中国の政府関係者は、サービス貿易の大赤字に苦しんで、中国自身のサービス・プロバイダーの強化を望んで、外国企業にセクターのより大きな開放を約束した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

「私たちは、サービス貿易を促進する1セットのターゲットとされた規則をセット・アップする実現可能性を考慮しています」と通商の補助大臣童道驰(Tong Daochi)が、サービスの商売用の進行中の北京国際商品見本市のフォーラムで言った。

童道驰によれば、中国は、しっかりと海外企業に金融、ロジスティクス、省エネルギー、テレコミュニケーション、環境保護セクターを開き、ソフトウェア工学のような知識集約的なセクターに協力するように中国・外国企業を促進する。

ポピュラーである一方「中国で作られた」商品は、中国が世界のトップの品物トレーダーになるのを助けた、しかし、サービスは遅れた。

中国は、2014年の最初の4か月にサービス貿易の中でUS$417億の赤字を報告した。

「中国にそのようなセクターで高額の供給者がいないとともに、私たちは多くの金融、コンピューターおよび顧問業務を輸入した」と童道驰にが説明した。

競争率の高い国内産のサービス企業の不足で、世界平均が約20%だった間、中国のサービス貿易は昨年国の完全な外国貿易のちょうど11.5%を占めた。

その経済を再構成するために、中国は今、戦略の優先事項としてサービス部門に注視する。

中央政府は、セクターの成長をサポートするために最近の数か月に一連のガイドラインを出した。

WTO(World Trade Organization世界貿易機構)の事務総長次長易小准(Yi Xiaozhun)は、「中国が生産におけるその成功をコピーしたければ、それはサービス市場をさらに自由主義化する必要がある。」とフォーラムで言った。

実際、中国はサービスに対する制限の撤廃において進歩した。

中国(上海)パイロットFTZ(Free Trade Zone/自由交易圏)では、テストされている手段はネガティブ・リストに基づいた外国投資を規制することを含んでいる。

それは、海外の投資者がリスト上で禁止されないあらゆる範囲のビジネスを行うことができることを意味する。

銀行、保険、建設、ロジスティクス、教育、健康および電子商取引をカバーする広範囲のサービス部門も、FTZの中でより多くの自治を与えられる。

CITI Groupは、日本で信用を無くしているので,中心を中国に移すべきだろう。

「より大きな市場開放は中国が効率的で競争率の高いサービス部門を構築するのに重大です。」と易小准が言った。

アナリストは、中国の製造業部門が大きいが強くない、としばしば苦情を言っている。

易小准の視界で、その理由は、低開発だったサービス部門がますます価値体系を上へ移動する中国の努力でのボトルネックになっているということであった。

彼は、中国が設計、研究開発、革新、特許のエリアへ進まなければならないと言い、マーケティング、分配、ソフトウェア、ロジスティクスなど、値の約90%がこれらのサービスの中で生成されるとともに、ブランド化する。

WTOの職員によれば、「サービス中の平行連晶なしでは、生産は、単に質の中で多量に成長しない場合があります。」

増加する製造費はサービス部門の改善により、解決することができる別の緊急の問題である。

それが中国で労働と資源コストで増加することが報告される。
また、他のアジアの諸国は、アメリカに戻るように多くの工場に促した。

「コスト・ハイキング、しかし低コストの生産から高付加価値サービス経済までその経済改革を加速するために、中国に他の選択を残さない。」と易小准は言った。

品物貿易中のその到達コミットメントに従って、中国はその応用の関税を著しく低下させた。

応用の平均関税率は約4%で、すべての大きな開発途上国、新興市場国の間で最低で、重みが貿易に加えられた。

それに比べれば、中国のサービス部門は、特に金融、テレコミュニケーション、プロフェッショナル・サービスおよびデジタル貿易で、さらにより多くの保護を与えられる、と易小准は述べた。

最新のサービス貿易によって、世界銀行(World Bank)とOECD(Organization for Economic Cooperation and Development/経済協力開発機構)によって作られた限定的なインデックスは、サービス中の限定的な性質の中国のレベルとして、先進国の平均よりはるかに高いだけでなく、ブラジルとメキシコのような他の多くの開発途上国より高いままである。

さらに、「目に見えない」制限は、さらに中国で多国籍企業のオペレーションを妨害する。

中国の米国商工会議所の会長グレゴリー・ギリガン(Gregory Gilligan, chairman of the American Chamber of Commerce in China)は、その会員会社が不規則に実行された規則について、しばしば不平を言うと話した。

「時々中国の政府当局は外国の相当物より内国会社をひいきする。それは重要な挑戦のうちの1つである。」と彼が言った。

いかにも中国らしいが,もっとも信用を無くすことである。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告