2014年05月29日

米国で広がる住宅アフォーダビリティ・ギャップ。

CNN Moneyは、家を買うことで、アメリカのアフォーダビリティ・ギャップ(affordability gap/入手の可能性ギャップ)はさらに広がっていると報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

NAHB(National Association of Home Builders/全米住宅建設業者協会)とウェルズファーゴバンクの住宅アフォーダビリティ・インデックス(Wells Fargo Bank's Housing Affordability Index)による調査によれば、平均収入を得る典型的なアメリカの世帯について、家の65.5%は第1四半期に手頃でした。

しかし、価格は値を上げているサンフランシスコ、ロサンジェルス、ニューヨーク、ボストンおよびデンバーのような都市では、ホームの余裕のあるほうが、平均的な稼ぎ手にとってはるかに難しい。

「高額都市は、低コストのものより速く回復しています。」とNAHBのためのチーフエコノミストデービッド・クロウ(David Crowe, chief economist for the NAHB)が言いました。

「富の異常に大きな増加は価格を押し上げました。」

技術者は賃借人を圧迫していることが、関連づけられた。

US$815,000の中央の住宅価格を持った国家で最も高価なメトロ市場サンフランシスコ(San Francisco)では、US$100,000の平均収入を得る世帯によって家の13.3%だけが、快適に購入することができるかもしれない。

それは2013年に28.9%から下降していた。

高価な都市は、それらで住宅が既に非常に稠密に詰められるので、より高価になり続ける傾向がある。

「価格を抑える方法は、新しい住宅の構築で、より供給を増すことです」とクロウが言った。

しかし、それは海岸線、または山脈により、構築する土地があまりない場所で行うことがより難しい。

つまり、私の給料は、どれくらい遠くの別の都市になるでしょうか?ということになる。

その間に、最多の手頃な米国の都市は、経済がもはや拡大しておらず、構築する多くの土地があり、主に古い工業都市で、中西部と北東の傾向があった。

シラキュース(Syracuse, N.Y.)では、例えば、快適にNAHBのインデックスによれば、平均収入を得る家族によって家のほぼ94%の代価を払うことができるかもしれない。

それは1年前に91.6%から上昇していた。

シラキュースの居住者がよりよく家の余裕のあるのを助けることはUS$67,700の平均収入であった。
それは全国メジアンが約US$4,000以上であった。

そのエリアで住宅の中間価格はUS$94,000で、住宅の余裕のあることに向けた長い道のりであった。

私は、町の住宅の余裕がない。

全国的に、アフォーダビリティは改善した。

たとえで平均収入がで2013年のUS$64,400からUS$63,900まに減った。
中央の住宅価格は第4四半期にUS$205,000からUS$195,000まで、さらに低下した。

その間に、抵当はわずかにより高価であるが、まだ比較的より安い。

利率は年間3.5%前に比較して、第1四半期の30年のローンで平均4.36%となった。

「ハウジング・アフォーダビリティは強いままです。また、春の住宅購入季節が高速ギアへ移動するとともにこれは有望なサインです。」とNAHBチェアーマンケビン・ケリー(NAHB chairman Kevin Kelly)が言った。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。