2014年05月29日

日本タンカー、瀬戸内海で爆発炎上。

BBC Newsは、日本の石油タンカーが瀬戸内海で爆発し、1人は行方不明と報告した。

その原因はまだ未知であると言う一報が届いた。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

第5管区海上保安本部に入った連絡によると、2014年05月29日午前09:20現地時間(00:20 GMT)ごろ、兵庫県の播磨灘の姫路港沖で998トン、全長81mのタンカー「聖幸丸」が爆発した。

乗組員8人であった。
他の7人のうち4人は、重大なやけどで苦しむ負傷をした。

現場からの空撮映像は、姫路港の近くで火の消化を試みる沿岸警備隊の船を示した。

その後、「聖幸丸」は兵庫県西部の相生港で既にその原油を降ろした後で、油積荷の負荷を軽くしており、その事件が起こった時、姫路港の沖合に停泊して、原油は積んでいなかった。

日本の沿岸警備隊は、タンカーの船長64歳の安藤政一が行方不明だったと言った。

安倍晋三首相は、その事件を発表するために木曜日の議会で討論を中断した。

「兵庫の水域では、タンカーが爆発しており、現在炎を上げています。」と彼が言った。

報告書によれば、乗組員のうちの4人は大怪我をしている。とくに61歳の男性が意識不明の重体だと言っている。

船を所有する聖朋海運の小村朋孝(kihiro Komura)代表取締役は、爆発の前、乗組員が原油を抜いたタンク付近の甲板でグラインダーという道具を使ってさびを落とす作業をしていたということで、「私は、ペンキを削除するために乗組員がグラインダーを使用しており、それが、突風(油の残りが火がついた時それは生じたかもしれないと私たちは信じる)を引き起こしたように見える、と聞いた。」と、AFP通信社に伝えました。

彼は、乗組員がみな日本人であると付け加えました。

NHKは、今回の事故について神戸大学大学院海事科学研究科の古荘雅生教授は「タンカーの側面がめくれ上がっていることなどから、相当、すさまじい爆発だったことがうかがえる。通常、積み荷の油を降ろしたあとも、タンクには多少の油は残るので、今回のようにグラインダーを使う場合は、ファンを回してタンク内の空気を爆発しにくい状態にするなどの安全対策を行うことになっているが、今回は何らかの原因でタンクに残った重油からガスが発生し、爆発しやすい状態になっていたと考えられる。どの船でも同じ事が起きる危険性があると考えて、十分に安全管理を徹底する必要がある」と話していると報告した。

海上保安庁によりますと、タンカーが爆発する事故は、過去10年間で3件起きている。
このうち2004年12月には、愛媛県長浜町沖の伊予灘で、パナマ船籍のタンカーが爆発した。
タンクを清掃していた際に発生した静電気が、気化した積み荷の燃料に引火したのが原因だったということであった。
また2010年08月には、兵庫県の阪神港で、日本船籍のタンカーが爆発した。
エンジンの潤滑油の温度が異常に高くなり、爆発したのが原因であった。
さらに2011年10月に、長崎県の佐世保港の造船所で、建造中の日本船籍のタンカーが爆発した。
溶接作業の火花が気化した塗料に引火したのが原因だったということであった。

姫路港のGoogle Earthポインター情報
34°46'45.7"N 134°39'47.1"E
または、
34.779353, 134.663089

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。