gaYa広告

2014年05月27日

中国のメディアは、中国の人権に自画自賛。

BBC Newsは2014年05月27日に、権威としての中国の人権上のメディアが歓迎されるいわゆる「進行(progress)」は、「言論の自由への権利(rights to freedom of speech)」を保護することを誓約したと報告した。

とりわけ、国連のような西洋および国際的な組織は、北京の人間の権利レコードに批判的で、反体制派の逮捕、死刑の継続的な使用、および法の執行での拷問の使用で関係を示した。

月曜日に、中国の政府機械を監視するキャビネット国家評議会(State Council, the cabinet which oversees China's government machine)は白書市民的自由の改善でそれが国の業績と見なすものの概説「2013年中国人权事业的进展(Progress in China's Human Rights in 2013/中国の2013年の人権における進展)」を発行した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

中国ラジオ・インターナショナル(China Radio International)によれば、人権研究者李云龙(Li Yunlong)がラジオ放送で、中国の政府が持っているドキュメントは、
「有効にその市民の生命と健康への権利、人身の自由、個人の尊厳および個々のものの他の権利を保護しました。」
「人々の生計は著しく改善しました。」
「都市・田舎のセッティング中の基礎的な公共事業は一層よく保護されました。」と伝えた。

北京タイムズ(京华时报/Beijing Times)はポイントを強調し、インターネットは大衆がそれらの視界を表現するために「重要な手段」になった。

それは、当局が、「促進と保護手段(promote and safeguard)」「人民の言論の自由(citizens' right to freedom of speech)」を約束したと述べ。
中国汉网(Changjiang Daily)は、中国が1991年以来報告書を公表しており、個別の標題として、「言論の自由に」リストされたのが、初めてのことであることに注目した。

「言論の自由の権利は個別の内容として置かれました。」
これは、それが多くのの注目を集めました、当局がそのような権利への顕著を認識し与えたことを示した。

「次のステップはそれらの権利を保証する方法になるでしょう」と新聞が述べている。

光明日報(Guangming Daily,)は、報告が、中国の人権状況の国際社会中の理解を促進した。

「近年、誰でも、中国がその人権レコードでの進歩を成し遂げたことが分かる。さらに、私たちは、不均衡で持続不可能な成長によって引き起こされた問題があることに気づいています。」
その報告は客観的な報告であった。

「それは普通の人々の見解に接近しており、中国の社会主義が人権問題について持っていることを確信に示します。」と新聞が結論を下した。

その間に、中国メディアは、中国政府がサイバー監視についてワシントンが非難する報告書を公表した後、「不遠慮」なこととして、米国を非難した。

サイバースペースの中国アカデミー(China Academy of Cyber Space)による報告書は「America's global surveillance record(アメリカの世界的な監視記録)」とタイトルをつけられ、ワシントンが米国の会社へハッキングする5人の中国の陸軍士官を課した1週間後、出された。

その報告書は、米国が中国のリーダー、研究所および会社を対象としていると主張したと、北京青年报(Beijing Youth Daily)が言った。

中国ネットWebサイトに関する記事は、ドキュメントがアジアで「サイバースペースの情報のエリア(in the area of information in cyberspace)」のワシントンのリバランス戦略上の「逆襲(counter-attack)」であると述べた。

「中国は、米国のダブルスタンダードを世界にさらしたいと思います。これも、北京とワシントンの間の対話と了解がないならば、サイバー情報との戦いが公表されて、より広範囲にわたるようになることを示します。」と言っている。
国営の新華社通信は、サイバースペースの「支配する振る舞い」を表示し「不遠慮にスパイ行為をする」ことに従事するためにワシントンを激しく非難した。

「世界で2番目に大きな経済大国の上昇に直面している中国は、米国はその位置について確信がなくなりました。」
「表面において、ワシントンは、それが北京との新しい大国関係を構築したいと言います。しかし、秘密に、それは、相手、およびサイバー・スヌープような不快な方法へのリゾートとして中国を見ます。」とそれが注釈中で言った。

その中国版では、地球時間は過去に「受動のこと」のことで北京を非難し、ワシントンでより多くの「逆襲」を促した。

「その報告書は、既に、公に入手可能で、スパイシーな新しい情報を含んでいない内容の要約です。しかし、それはまだ賞賛の価値があります。」

「米国は世界的なスパイ活動に乗り出すことによりその力を乱用しました。また、私たちはもはや黙っているつもりでありません。」と日刊新聞が書いた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告