2014-05-23

ラジオ・ホストのロヒニ・ラムナサン、私の1日。

BBC Newsは、ロヒニ・ラムナサン(Rohini Ramnathan)は、シンガポールのヒンディー語のラジオ放送局を持ったホストである。

彼女は以前にムンバイで暮らし、働いていた。

午前に、南のインドではイドゥリ(idlis/米とヒラマメの蒸ケーキ)を朝食のために渇望する。

しかし、それをしばしば食べない。
ほとんど、朝食は単に茶とビスケットで済ます!
朝、都市の中心の中で接続されるように感じることが好きで、ヨガのために、ポピュラーな買い物をするベルトオーチャード街(Orchard Road)へ出かける。

ホームを持ったので、家事をしなければならない。

それはインドの子供を甘やかしたもので、それらがいつか外国へ行くか理解すると、急に自分の料理、衣服およびク洗濯を行わなければならない。

それは私生活で、魅力がない側である。
11:00と14:00の間で、魅力を完全に取り戻す。

昼食にできるものを刺激する。
何かをよくすれば、それを食べる。

そうでなければ、外出し、いくらか豚肉骨スープと米のbakkut tehを食べる。

その後、仕事に入る。

17:00の放送へ行く前に、数時間ショーの準備をする。

マスティーのFMを備えた夜ドライブタイム番組を主催している。
それはシンガポールで唯一のヒンディー語のラジオ放送局である。

私たちは、私たちができるように、それらが起こっていることに接近しているように私たちがそれらを感じさせたいので、[インドの]亜大陸に緊密に接続されるようなシンガポールのヒンディー語のリスナーを維持しようとしている。

放送に出合う時に、誰にでも一日中ほとんど話しかけていないので、人々に話しかけるようにしきりに望んでいる。

あなたがコミュニティーを表わすただ一つのラジオ放送局である場合、それらがあなたとそれを知っているように、リスナーは行動する。それらを表わしています-それは、ビットが国会議員であることが好きなのを感じる!
毎日電話してくる女性がいる。
私がスタジオにいることを知っているので、彼女は私が茶を飲んだかどうか私に尋ねるために16:30に電話してくる。

その後、私がいくらかのコーヒーをもう飲んだかどうか尋ねるために、彼女はショーの真中に電話してくる。

人々は、結局あなたと事態の種類をすべて共有している。

何人かの人々はほとんど告白に行くようにそれを扱っている
それらは、誰が向こう側にいるか知らない。

彼女はシンガポールへ来る前に6年間ラジオ・ホストとしてムンバイで働いた。

彼女は愛のためにムンバイからシンガポールへ移動した。
彼女は、それは成功した女性が移動するただ一つの理由であると思った。

ラジオの上に横たわることができません。
聞き手は、私が1年前に到着したことを知っている。

放送で最初に出合った時、道はすべて悪を指定した。

聞き手は電話し、それらを発音する方法について説明する。
全く触れられた。

シンガポールで楽しい経験を持っている。
事態はここでうまくいっている。
また、私はその食品が好きである。

また、それは他の国々に接近している。
したがって、それは実際に世界のこちら側へのウィンドウになっている。

事態がどのように文化的に異なるかは面白い。

人々が痴漢[セクシュアル・ハラスメント]を始めることができ、それが拡大すると、それは危険なレベルに行くことがである。

しかし、シンガポールへ来た時、ほとんど魅力がなく感じた。

誰でもそれらのスマートフォンに取りつかれたので、私が外にいた時、誰も私を見なかった!
私は約7言語を話す。

私は話す‥‥英語‥‥そしてヒンディー語[私のショーのために]。

私は生まれた州言語マラーティ(Marathi)、および母国語タミール語(Tamil)を話す。

さらに、私は成長した(スポーク)建物の皆としてグジャラート(Gujarati)語を話す‥‥それ、そして私の研究から少しフランス語とスペイン語。

つあり、英語、フランス語、スペイン語と、インドのヒンディー語、マラーティ語、タミール語、グジャラート語の7カ国語である。

フランス語と、スペイン語さらにイタリア語は同系統で一つを覚えれば、ほとんど話せるようになる。

インドの場合は、文字がまったく異なるが、方言である。

そうすると、日本人でも、方言を言語とらえば、かなりの言語を話せることになる。

20:00にショーを終了する。

通常、すぐに家へ戻らない。

外出するか友達に会うか、あるいは音楽公演あるいはコメディー夜のように、何かが文化的なのを見ることが好きである。