5-23

隣人の日

世界中で、隣人のわがままと身勝手は悪夢である。
また、そんな人に限って、自己防衛で悪口を言い回り、それに同調するさらなる新しい悪夢の隣人。

BBC Newsは2014年05月25日に、「隣人の日(Neighbours' Day/la Fête des Voisins au Travail)」がフランス中で起こると報告した。

2014年のヨーロッパの「隣人の日(Neighbours' Day)」は05月23日金曜日。

ただし、5月の第4金曜日で、毎年日にちが違う。

隣人の日の各国語をヨーロッパの「隣人の日(Neighbours' Day)」のWebページで知ることができる。

ヨーロッパの「隣人の日(Neighbours' Day)」は2000年から始まり、今年で14回目になる。

つまり、人々が隣人と和解するは時間である。

しかし、パリの団地では、苦さと敵意は繁栄している。

人々は階上で朝食を食べている。
キッチンから食堂へあちこちに交差するスリッパを履いた足の鈍いどたんばたんが、椅子にこすっているので、すぐ判る。

彼は苦情を話す。
彼女はぶんぶん言っている。

休止。

それらはコーヒーを注いでいるに違いない。

このアパートは、多数のように、パリで19世紀後半から続いている。

床は反復し、古代の床は、また、絶対に遮音がない。

4階のくしゃみは2階で聞くことができる。

私の隣人、夫人のジョリオ(Joliot)は、恥じないテレビ常習者は困惑する。

「それは奇妙です」と彼女が言った。

「それらのすべてのアメリカのソープ番組の中で、隣人は美しい。有用、口の軽い、種類、ロマンチック。しかし、私がよくノ・シェール・ボアザン(Nos Chers Voisins)を見る場合、それはフランスです!」
虚構の団地中の日常生活のカルト・テレビのコメディー・シリーズ私たちのいとしい隣人(Our Dear Neighbours)を見る、各夜の夫人ジョリオと、数百万の他のフランスの調子である。

それは、隣人中で進むものの完全な「正面玄関スパイ穴(front-door spy hole)」視界を提示する。

玄関の簡潔な遭遇、リフトでの会話、庭の小さな出来事、緊張、公共のフランスの生活の陰謀、陰謀を企てる競争および不合理な些事がすべて明らかにされる。

そう言えば、絶対に隣人を自宅に招待すべきではない。
「俺は、もう2回も家に行ったので、何でも知っている。」などと、周囲に言い回り、さらに電話で押し売り屋や共通の知人にまで電話番号と共に知らされる。

夫人ジョリオ自身は隣人間論争で、通常の複雑な網目模様の中で捕らえられる。

時々、葉が彼女のバルコニー上に吹くので、夫人ジョリオの開花テラスに我慢することができない階下の女性がいる。

苦情は続いて起こる。
形式上の手紙は、もし夫人ジョリオが個人的にわずかの葉で掃除機をかけなければ、それらが落ちるかもしれない場合は常に、彼女自身の電気掃除機で、法的行為を脅迫して、書留郵便によって送られる。

2階に住む、建物の所有者の娘は、規則的に狼狽させる耳をつんざくようなオールナイト・パーティだが、だれも不満を言う勇気がない。そこには、借家に関するトラブルがある。

しかし、夫人ジョリオのペット・ドッグが平日の中頃の庭で吠える場合、一度さえ一大事になる。

そう言えば、知人がパリで住んでいた部屋も古く、シャワーや風呂などはなかった。みんなが、セーヌで水浴びしていた。

しかし、さすがにセーヌも汚れ、急遽シャワー付き風呂が増築された。
ただし、場所は階段の途中で、シャワー付き風呂は高く、木箱を重ねた踏み台でよじ登ることになる。

男も女も裸になって、バスタオルを身体に巻いて風呂によじ登る。

もちろん、下から見れば、全員がすっぽんぽん!

誰も、見られたからと言って苦情は言えない。

ヨーロッパのアパートは、面白いエピソードで満喫させられる。

それでいて、何か普通でないことを発見すると、口げんかが始まる。

いつか?床が抜けることだろう。
夫婦のベットに階上からの珍客!

隣人の知能程度を疑わせる甲高い馬鹿声と罵声!

なんと文化意識のない隣人達の声が、うるさく道路を隔てて響き渡る!

そこに、子供の泣き声に、細い道路を走る車の音!
常識など何処にもない隣人!