2014-05-23

Google、3Dイメージング・タブレット生産準備完了。

BBC Newsは、WSJ(Wall Street Journalウォール・ストリート・ジャーナル)が、会社に近い出所からの情報として、3Dイメージをとることができるタブレット型コンピューターは、Googleによって生産に入れられる準備ができていると報告した。

4,000のデバイスを来月製造されると言っている。

タブレットは後部に2台のカメラを持ち、イメージング・ソフトウェアで調整管理される。
そして、会社の次回の開発者会議で紹介されると言っている。

Googleは、「噂と推測」に関してコメントしないと言った。

しかし、3月に、Googleは、3D技術を携帯型のデバイスにもたらすプロジェクト・タンゴ(Project Tango)を引き立てた。

プロトタイプ・スマートフォンは、200人の開発者に配られた。

技術は、環境の深さを測定するために赤外線センサーを利用している。

小型装置で3Dイメージを作成する能力は決して新しい技術的な功績ではないが、Googleの戦略は他のもの、その写像努力の中に、寄与するハードウェアを利用することであると言っている。

例えば、屋内環境の3D地図を速く作成するためにデバイスを使用することができるかもしれない。

WSJによれば、3Dタブレットは2014年06月末日でGoogleの毎年の開発者の会議で紹介されると予測している。

それがGoogle Glassアイウエア製品で行うとともに、開発者とエンジニアの選択した数が技術で以前に、消費者、開始、計画実験することを会社が認めることが期待される。

まだ、比較的中小産業、構築のために、レースおよび見る仮想現実環境は、速く構築しているが、「killer app」を作成する。

3月に、Facebookでコミュニケーションする仮想現実ヘッドセットを作る会社Oculus VRのためのUS$20億の取り引きの上で急襲された。

プロジェクト・タンゴのためのミニサイトは、そのエリアで会社の少数の計画を強調した。

「プロジェクト・タンゴは任意の他のもののように違ったモバイル・デバイスを作成する試みである。」とサイトが説明する。

「我々の空間感覚および移動(それは理解し、世界を我々がそうするのと同じ方法と分かる)を共有するモバイル・デバイス。」は、
過去数年で、3Dイメージを見て作成することができるデバイスは、売買するためにそれを作った、とIHSのアナリストジャック・ケント(Jack Kent, an analyst at IHS)は言ったが、消費者利息の不足に極度に苦しんだ。

「Googleが実際にそれを押す場合、それは市場の原動力を変更するかもしれない。」と彼がBBCに伝えた。

モバイルで、本格的に楽しいデバイスを開発しようとすると、スマートフォンではなく、タブレットになる。

また、成功するかどうかは、開発されるAppの品質によることだろう。

路線を開発したGoogleの強引な戦略を見てみたい。
とくに立体にこだわりすぎないで、2つの目で見ることに重点を置くと面白い。

2014-05-03---ダ・ヴィンチは3D「モナリザ」を作ったか?

Related Dates