2014-05-23

20年前に死んだコロンビアの麻薬王の危険な遺産。

人物

BBC Newsは、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバール(Pablo Escobar/1949 - 1993)は20年前に死んだが、長く危険な遺産を残したままになっていると報告した。

その遺産は、犯罪とコカインだけではなかった。
アフリカなどから持ってきた野生動物であった。

エスコバールの豪華な財産には、キリン、水牛、ライオン、ラクダおよびカバを備えた動物園があった。
彼の農場は、コロンビア人が訪れるテーマパーク「The Pablo Escobar theme park(Hacienda Nápoles)」になった。

しかし、1993年に彼の死んだ後、それは崩壊した。
また、ほとんどの動物は、アフリカに帰されないで、そこに置かれたままになり、それらが今、地元住民の農民にとって脅威である割合で再生して、非常に快適になったカバ以外のすべて、ハンターになった。

BBC Mundoのヘルナンド・アルバレス(Hernando Alvarez)は、エスコバールのカバで何を行うべきかジレンマについて説明している。

テーマパーク「The Pablo Escobar theme park(Hacienda Nápoles)」のGoogle Earthポインター情報
5°53'10.9"N 74°38'33.0"W
または、
5.886350, -74.642489