2014-05-23

NASAの100国以上で、グローバルな36000以上のSelfie写真で地球を構築。

NASAは2014年05月23日に、今年の「地球の日(Earth Day)」に、NASAは世界中で人々に単純な質問で尋ねたと報告した。

「あなたは今ちょうど地球のどこにいますか?」

Selfieと共に、ソーシャル・メディアで、その質問に答えてくれるように多くの人達に依頼した。

そのゴールは、「Global Selfie(グローバルな自分撮り)」の生成の中でピクセルとして各絵を使用することであった。
地球が、モザイク像で「地球の日」に宇宙から現われたように見える。

NASAは、その完成品を2014年05月23日にリリースした。

写真は、2014年04月22日に、あるいはその2014年04月22日のまわりでソーシャルメディアで、#globalselfieを付けられ、ポストされた、36,422枚の写真を使用して構築された。

すべての大陸上の人々。
すべてで、113か国および地域。
記入されたSelfie。

南極大陸(Antarctica)からイエメン(Yemen)、グリーンランド(Greenland)、グアテマラ(Guatemala)、ミクロネシア(Micronesia)、モルディブ(Maldives)、パキスタン(Pakistan)、ポーランド(Poland)、ペルー(Peru )そしての上で、写真は数週間で50,000枚を超える#globalselfieサブミッションをcuratingした後に組み立てられました。
Twitter、Instagram、Facebook、Google+およびFlickrから、すべてがアクセス可能だとは限らなかったかが、あるいは使用可能であった。

結果は、外観を絵の種類をよりよく見るために、人々が走査し、調査することができるように、拡大できる3.2ギガpixel画像になった。

モザイクはGigaPanによってウェブ上で主催されている。

モザイクは、フィンランドのNPP(National Polar-orbiting Partnership/全国極軌道に乗るパートナーシップ)衛星、共同のNOAA-NASAミッション上のビジブルな赤外線画像放射計スイート道具によって、2014年4月22日に捕らえられた、各半球の視界に基づいている。

イメージ中の対角線の縞は大洋水から日光の反射を捕らえる衛星による。

2014年はNASAの地球科学用の重要な年である。

10年間以上で初めて、私たちの地球に関して重大なデータを集めることを目指した5つのミッションが1年で一定間隔で配置するために発射している。

最初は、2月に発射されたグローバルな降水測定ミッションのコア観測所( the Global Precipitation Measurement mission’s Core Observatory)である。

次に上がっているのは、7月1日にカリフォルニアのバンデンバーグ空軍基地から発射する、軌道に乗るOCO-2(Orbiting Carbon Observatory-2/カーボン観測所-2)である。

NASAの科学者は、近年何千もの新惑星を識別するのを支援した。
しかし、宇宙機関は惑星を私達のものより緊密に研究していない。

軌道の17の地球観測衛星(17 Earth-observing satellites)で、そばに支持された、大志を抱いている、空輸されたキャンペーンおよび地上観測キャンペーン、NASAのデータは、科学者が地球大気圏、土地および海洋のより明瞭な写真をつなぎ合わせるのを助ける。