2014-05-23

IoTは、セキュリティ水門を開く恐れがある。

Mobile World Liveは、コンサルティング会社デジタル・ネクサスの共同創立者ロバート・スティックランド(Robert Stickland, co-founder of consulting firm Digital Nexus)によれば、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things/モノのインターネット)は、ICT専門家に対する余分な重圧を置いて、ネットワーク・セキュリティーとリスク管理の点からオペレーターのための挑戦を作成することになると報告した。

T-Mobile USAのCIO、Leap WirelessのCTOであったロバート・スティックランドは、
「毎日燃えて遊び回っています。また、それはより悪くなるでしょう。それはよくならないでしょう。私たちはツールおよびその問題を解決する能力を持っていなければなりません。」
「この傾向の運転は、ごろつきの新しい潜在的な機会を作るネットワークに接続する新しいタイプのターミナルの増殖でしょう。」
「デバイスは、金銭等収入と同等のもの金に接続しました。」
「また、その収入は悪いガイと等しい」と彼が言った。

「IoTは本当です。私たちは生態系を横切って200億の接続を見ています。それは起こっています。また、それはますます速く起こり、だらにより速い。」
「また、悪いガイはすぐ近くにいます」とストリックランドが警告した。

「また、それは単に私たちの会社の外側の悪い奴だけではありません、それは内側にいる悪い奴です。また、それは悪いプログラマでさえです。それらが知らなかったことをした後、それは会社を辞める。それらはそっと外から行いました。またあなたの会社で穴を作って去ります。」
「問題は、我々がそれについて何をしに行っているかということです?」と、彼は仮定した。

元社員の悪いプログラマーは、昔から怖い。また、悪いプログラマは必ず、トラブルになって数年で退社している。

2014-05-22---ブラックベリーは、IoTを支援するプロジェクト・イオンを発表。

Related Dates