2014-05-23

モバイル成長のために、Pay TVを売り込むZon Optimus CEO。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ポルトガルのオペレーターZon OptimusのCEOミゲル・アルメイダ(Miguel Almeida)は、収束、固定、そして単一の中へ、・モバイルサービスの提案を統合することが、成長戦略の鍵であると言ったと報告した。

「あなたが、私たちが持っている資産のコンビネーションを持つとき、収束が、前進への方法です。」
「私たちは売却モバイルによってペイTV顧客ベースを保護することができます。また、私たちは、私たちがペイTVにはるかに大きな市場占有率を持つので、これをすることにより、モバイルの顧客ベースを育てることができます。」と役員が続けた。

ミゲル・アルメイダは、オペレーターのquad playバンドルからの成長が「非常に速かった」と言った。

しかし、バンドリングは初期にすぎないと、彼が続けた。

「今日、私たちはサービスをバンドルしており、オペレーターのために、そのような良いニュースではなく、顧客にとってより良いニュースである割引を与えています。私たちが将来行おうとしていることは価値命題をこの収束にもたらすことです。顧客がすべての異なるデバイスを横切ってサービスをすべて利用することを確かめることのようなものです。」

会社が「よく道を下って」いる例では、固定、またモバイル・デバイスで、そのコンテンツを横切って入手可能にする際にある。

会社がの合併に先立って、新しいブランドNosは、そのすべての提案を横切って使用される。その被合併会社によって使用される個別の同一性を交換することで、ZonとOptimusを採用した直後に、ミゲル・アルメイダのコメントは来た。

「基本的に、私たちの価値命題が集中するとともに、私たちは2つのブランドを備えた市場を動かし続けることができませんでした」と彼が言った。

Nosは新しいオペレーターとして配置して、「そして耐えられる新しいオペレーターとして完全に提示して、1つに統合された。」
幹部は、オペレーター間収入を密着させた経済的弱点および法規変動のように、ポルトガルが他の世界中の国々と同じ挑戦に直面したと言った。

しかし、彼は継続し、「重要な理由は経済ではありません。規則でない。重要な理由は競争です。」どれがカットに値をつけるためにリードしたかであると言っている。

さらに、ZonとOptimusの合併に先立って、および現職のオペレーターPT(Portugal Telecom/ポルトガル・テレコム)の例外で、会社は固定、またモバイル・サービスで、ペイTVを横切って重要な市場占有率を持っていなかった。

例えば、Zonは固定の中で強かった。しかし、ペイTVサービスはモバイル中でではなかった。

Optimusおよびボーダフォン・ポルトガルは、他の市場でモバイルにおいてそのように強かったが、少なかった。

続いたものはZonとOptimusの間の合併であった。
その一方でボーダフォンはホーム・ネットワークへ、そのファイバーに投資している。

合併後のZonとOptimusが、まだPTの後ろにある間、「それは私たちを十分に与えます。競争するサイズ、責務であるものとの直接対決。」ミゲル・アルメイダは言った。

また、さらに、CEOは、1つのオプションとして国際的な成長を討論する将来のその前途について強気であった。

「今後数年間に、私たちの目的と私たちの戦略はポルトガルに集中します。しかし、いつか、ポルトガルでこの戦略をよくやり遂げれば、私たちは集中する市場のすべての経験を含む国際的な成長の機会を求めることができる立場にあるでしょう」と、彼が結論を下した。

これは面白い!

確かに、モバイル・マネーやモバイルペンイメントが、浸透すると、必要になるのが安価で特別有料コンテンツになる。

それを準備しないで、モバイル・マネーやモバイルペンイメントを始めても、それはクレジットカードやデビットカードの代わりになるだけで、市場開発にならない。

つまり、共食いになるだけである。

Pay TVは、市場で苦しんでいるが、その見方を変更すると、安価で手軽な有料コンテンツに変身する。
努力をしないで、右から左に動かすことしかしない有料コンテンツは、いずれ死ぬ!

とくにモバイル・マーケットは、スマートフォンの浸透で、せっかく開発されたオンライン・マーケットを潰しかねない。

それを再起させるには、スマートフォンからタブレットへの移動と、携帯電話ネットワークから、Wi-Fiへの変更である。
ところが、時代遅れのオペレーターは、もっとも利益率が悪い通信料金で稼いでいる。

オペレーターが先導して、スマートフォンからタブレットへ、携帯電話ネットワークから、Wi-Fiへの変更をしないと、先細りである。

顧客もその方が、安くて面白い世界に入っていける。

さらに、広告収入を拡大する。

これが見えていない経営者は、解雇すべきである。