2014-05-23

Telefonicaは、ヨーヨーのために資金提供US$500万に参加。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、イギリス新進のヨーヨー(Yoyo)は、ロンドンの学生をターゲットにしたそのモバイルペンイメントとロイヤリティ・サービスを開発するために資金提供するファンドでUS$500万を集めたと報告した。

この投資は、Imperial Innovationsがリードし、テレフォニカ(Telefónica)に加えて、新しいデジタル・ベンチャー・プラットフォームと評されるFirestartrも加えて、学問研究からの技術に投資している。

Firestartrによって資金提供されたエンジェル・インベスター(Angel investors)には、Skyscannerの共同創立者バリー・スミス(arry Smith, co-founder of Skyscanner)、PayPal Europe とPaypal Internationalの元MDマサイアス・エンテンマン(Mathias Entenmann, former MD of PayPal Europe and Paypal International)、ビザ・ヨーロッパでの前のEVPジョン・チャップリン(John Chaplin, former EVP at Visa Europe)を含んでいる。

ヨーヨーはモバイルペンイメントとロイヤリティ市場を追うことにおいて、ほとんど孤独ではない。
しかし、そのピッチは、QRコードの走査によってペイメントとロイヤリティを組み合わせることにより、店内の処理を単純化し、促進するアプリを使用して、優れた顧客経験を提示する。

大学生のターゲットとすることは、大騒ぎされた米国の新進のClinkleのイギリス版だが、その風味にとって異常である。

しかし、米国のその仲間と異なり、ヨーヨーは実際にそのサービスを始めた。

今年の初めにリリースされたヨーヨーは、既に32の食物と飲み物を横切って、1か月当たり30,000以上の処理を扱っており、インペリアルカレッジ・ロンドン(Imperial College London)で出発した。

今、それは、グリニッジの大学(University of Greenwich)とウェストミンスター大学(University of Westminster)に対して貢献を伸ばしている。

また、ヨーヨーは、今後数か月の間、大学とのさらなる協力と、さらに大通り沿いにある小売店を発表することを計画している。

テレフォニカは、さらにスマートフォンを持ったユーザーが電子商取引の取引高を走査し、作ることを可能にするイギリスの操業開始であるEnsygniaの中の投資者でもある。

ヨーヨーは、そのWebサイトによればエンジェル・インベスターから2013年および以前に高くしたUS$130万で設立された。

会社は、次の12か月で、イギリスのうち、そしてその後米国およびヨーロッパ市場の間その拡張を支援するために最新の資金調達を使用する。

ヨーヨーは、さらにPOSシステムのソフトベンダーを備えた協力プログラムと主要な配膳業者を育てるために援助を使用する。

その会社は、その年の後でセリエAのラウンドで提供することを期待している。

ただし、今までの寄せ集めのような気もする。

Founders: Alain Falys, Dave Nicholson and Michael Rolph
HQ: London
Staff: 16
Funding: Seed funding from Imperial Innovations