gaYa広告

2014年05月17日

学生が建造したロケットは、ボンヌヴィル塩原から離昇。

宇宙

NASAは2014年05月20日に、2013年-2014年NASA学生発射ロケット工学コンペティション(2013-14 NASA Student Launch rocketry competition)が2014年05月17日にユタ州トゥエレ・カウンティーのボンヌヴィル塩原(Bonneville Salt Flats in Tooele County)で「launchfest」として行われ、光り輝く白い硬盤から、離昇したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

15州から約250人の学生参加者で構成された16のチームが、3つの働く科学を完備していて、ペイロードを個々に巧みに計画実行して、およそ500人の観客によって元気づかれて、自分で設計したロケットを打ち上げた。

NASA学生発射は、若い人々を「STEM(science, technology, engineering and mathematics/ 科学、技術、エンジニアリングと数学)」分野での研究および経歴を続けるように促すことを目指している、毎年の教育のイベントである。

イベントはNASAのアラバマ州ハンツヴィルのマーシャル・スペース・フライト・センター(NASA's Marshall Space Flight Center in Huntsville, Alabama)によって計画され、ユタ州マグナのATK航空宇宙グループ(ATK Aerospace Group of Magna, Utah)によって支持されている。

特賞を受賞する学校チームは、5月後半にNASAとATKによって指定される。

いずれ、このロケットでミニ衛星が打ち上げられることになるだろう。
日本にもペンシルロケットと、東大阪の中小企業の夢を乗せた人工衛星「まいど1号」の両輪がある。
何もできない東大地震研究所に貴重な予算を渡すより、こっちの方が役立つことだろう。

見る目のない科学者に予算を選択させているような官僚やセンスの消えた大学教授は、懲戒免職で廃棄すべきかもしれない。
つまり、官僚と大学教授は、能力が無くなれば使い捨てられる職業である。

そんなところでへばりついているダニのような官僚と大学教授は、汚物である。

Image Credit: NASA/MSFC/Dusty Hood

ユタ州トゥエレ・カウンティーのボンヌヴィル塩原(Bonneville Salt Flats in Tooele County)のGoogle Earthポインター情報
40°46'43.5"N 113°50'06.7"W
または、
40.778744, -113.835203

2014-05-19---小さなKickSat Sprite衛星は、軌道へ便乗。
2014-05-16---ミニ衛星革命は、地球の新しい視界を提示。
2014-05-15---靴箱サイズのミニ衛星「cubesats」は、地球の高解像度視界を送信。
2014-02-28---国際宇宙ステーションからの1セットの小さなCubeSatsを展開。
2013-11-24---「江戸っ子1号」、深海7800メートルで魚撮影に成功。
2013-11-19---3機のナノ衛星「Cubesats」を宇宙ステーションから放出。
2011-09-15---北極海航路の安全支援商用衛星開発と打ち上げ計画。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。