AD SPACE

2014-05-16

ミニ衛星革命は、地球の新しい視界を提示。

宇宙

BBC Newsは、シリコン・バレーの新規企業Planet Labsは、衛星を使って世界で最大の星座を作ることを計画していると報告した。
131基の衛星は、次の12カ月の計画で始められる予定になっている。

その会社は、2月にISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)からミニ衛星の最初のグループを放出した。

[AD] You can advertise on this site.

画像は低軌道衛星から送り返し選ぶために十分な詳細を提供する、個々の木および望まれる、それは、地球上の生命に対する新しい洞察力を与えることができる。

この発想の元は、東大阪の中小企業の夢を乗せた人工衛星「まいど1号」である。

アメリカ人の考えたのは、アポロ計画やスペースシャトルと言った体力勝負である。
誰が、アメリカ大陸を横断しているコンボイを宇宙に飛ばそうと言ったのだろう。
火星のローバーは、ついにキャデラックのサイズになった。

旨く指導すれば、凄いことになったが、日本の官僚は自分が、自分がと言いながら、実績のある人を潰して、ごますりに同調する。

2014-05-15---靴箱サイズのミニ衛星「cubesats」は、地球の高解像度視界を送信。
2014-02-28---国際宇宙ステーションからの1セットの小さなCubeSatsを展開。
2013-11-24---「江戸っ子1号」、深海7800メートルで魚撮影に成功。
2013-11-19---3機のナノ衛星「Cubesats」を宇宙ステーションから放出。
2011-09-15---北極海航路の安全支援商用衛星開発と打ち上げ計画。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.