2014年05月17日

世界は、どのようにヘーゼルナッツに狂い、広げられたか。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ナッツ味のチョコレートで普及した「Nutella」は、50周年を迎えたと報告した。

昨年、世界中の160カ国で、約3億6500万kg、約エンパイア・ステート・ビルの重量分が消費された。

半世紀前なら、イタリア北部の小さな町で、それは想像不可能だっただろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

第2次世界大戦が終わった後、少量のココアおよび多くのヘーゼルナッツで作られていた手頃なぜいたくという、空腹の数か月で、若い菓子屋はビジョンを持っていた。

彼の名前はピエトロ・フェレーロ(Pietro Ferrero)。

「私の祖父はこの定式を見つけるために生きていた。」
「彼は、それに完全に取りつかれた」とファミリービジネス、現在のボスのジョバンニ・フェレーロ(Giovanni Ferrero)が言う。

「彼は真夜中、眠っていた私の祖母を起こした。また、彼は、彼女にスプーンでそれを味わわせた。
(それはどうだったか。)そして、「どう思うか?」

家族が話すように、それは現代のおとぎ話である。

ピエトロは、そのおいしく豊富なヘーゼルナッツのために土地の至る所で有名な魅惑的な地域に住んでいた謙虚な人だった。

回は困難だった。
また、chocolateyの喜びは一般大衆向けではなかった。

それにもかかわらず、彼は、皆が彼の甘いもてなしを楽しむことを可能にする簡単な解決策を夢見た。

ハッピーエンドもある。

フェレーロのアルバの絵のような町(the picturesque town of Alba)の小さなビジネスは、次に80億ユーロ(US$110億)を越えるものの年間売上高と共に、チョコレート菓子市場で4番めに重要な国際的グループになった。

ピエトロが彼のビジョン、イタリアのピードモント地域(Piedmont region of Italy)およびその主要なトリノ(Turin)を持っていた時、そのチョコレート産業で既に有名だった。

それは、Giandujaの出生地、チョコレートのクリーミーなコンビネーションおよびヘーゼルナッツだった。

しかし、金持ちだけが、それを買おうと思うことができた。

「チョコレートは非常に高価だった。それは実際に高額だった。誰も少なくともイタリアで、その余裕がない」とジョバンニ・フェレーロは言った。

しかし、1946年には、彼の祖父がGiandujot、あるいはPasta Giandujaを始めた。

アルミホイルで包まれた塊として生産されて、ナイフでカットされなければならなかったのは一種の凝固されたNutellaだった。

最初の広がるバージョン「Supercrema」は数年後に来た。

「これは大成功だった」とジョバンニが言った。

「それが完全には菓子でなかったとしても、人々が非常に手の届く価格で菓子を楽しむことを可能にしたのは最初のブランドだった。このようにして、すべてはスタートした。」

伸張性は、少量が行くことを意味した。長い道のり、知覚を分類するのを支援すること、そのチョコレートにはあった。
ジョバンニがそれを置くとともに、「だけ‥‥クリスマスとイースターのような、まさに特別の場合および祝賀のために。」
さらに、パンでそれを食べることができるかもしれない。
それは、その時に食事の大きな部分を形成した。

チョコレートを食べなかった人々は「Supercrema」の習慣を得た。

しかし、それはそれをNutellaに変えたピエトロの息子ミッシェル・フェレーロ(Michele Ferrero)だった、その有名に秘密のレシピおよび像のガラス・ジャーで再度それを始めることであった。
彼の父親がちょうど彼の祖父のように、取りつかれた人だったとジョバンニは言っている。

「私の父親は、『我々はそれをさらに押すことができる。新技術がある。この勝利のレシピを統合する新しい方法がある』と言った」と彼は話した。

「私が生まれたとともに、Nutellaは同じ年生まれた、1964年、したがって、私には家族の中に小さな兄弟がいる!また、それはイタリアの成功だけでなくヨーロッパの成功だった。」

名前は製品に即時の国際的な訴えを与えた。

それはナッツであった。

mozzarella(モツァレラ/チーズ)、tagliatella(パスタ)あるいはcaramella(カラメラ/甘いもののためのイタリア語)のように、さらに、それはイタリア「-ella 」と言った。」がイタリア語の共通の親愛か小型の結末である。

2010-05-10---トーストにバターが欠かせない人は、ナッツを食べろ!
2011-04-18---イタリアン・ヘーゼルナッツ・チョコの巨頭、南アで事故死!
2014-05-19---3つの単語「Free. Nutella. Cronuts」でできた1日限定のお菓子。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト