2014年05月17日

ラオスの航空機事故で16人が死亡し,1人が生存。

新華社は、ラオスの北東のシエンコアン州の墜落事故で、土曜の朝国防大臣と15人が死亡し、その一方で1人が生き残ったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

国防大臣兼副総理ダウアングチャイ・ピチット(Deputy Prime Minister cum Minister of Defense Douangchay Phichit)、公安局長トングバンー・センガフォーネ(Minister of Public Security Thongbanh Sengaphone)、ラオス人民革命党の中央委員会の事務局および宣伝トレーニング委員会チュアング・ソンボウンカーン(Secretariat of the Lao People's Revolutionary Party's Central Committee and Head of the Propaganda Training Committee Cheuang Sombounkhanh)、ビエンチャン市長ソーカン・マハラス(Mayor of Vientiane Soukanh Mahalath)は不幸にも死亡が確認された。

ただ一人の生存者は看護師であると確認された。

彼女は他の死亡者2人と共に残骸から引き出され,救出された。

犠牲者の悲嘆は土曜の夜、ラオスの首都ビエンチャンで始まった。

航空機、ラオス軍第2部門の生成を記念するイベントに出席するためにラオスの代表を運んだAN74TK-300Dは、シエンコアン州ピーク地区ナディ村(Nadee village, Paek district of Xieng Khouang province)に墜落した。

証人は、墜落のサイトが山岳地方にあり、また、天候は事故の時に晴れだったと新華に伝えた。


シエンコアン州ピーク地区ナディ村(Nadee village, Paek district of Xieng Khouang province)のGoogle Earthポインター情報
19°25'45.4"N 103°06'19.1"E
または、
19.429283, 103.105317

2014-05-17---ラオスで軍用機が墜落し,国防大臣で首相代行が死亡。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告