on-the-time.jp

2014-05-16

ワシントンポストが報道した1954年の黒人市民権と教育問題。

ワシントンポスト(The Washington Post)は、黒人(ブラウン/Brown)を規定する画期的な市民権として、教育委員会は土曜日にその60周年記念を迎えた。

また、マスメディアとして、そのような瞬間を適切に刺激する通常の自己評価で印をつけられる。

[AD] You can advertise on this site.

60年前に、しかし、潜在的に永久に国を変更することができる画期的な決定として、その支配は、過去のその状態のために既に認識されていた。

支配が下へ起こったことの翌日、ワシントンポストは決定に関する2つのストーリーと共に一面で拡張する2台のデッキで8コラムのヘッドラインで走った。

「分離すれども平等の原則は捨てられる(Separate But Equal Doctrine is Thrown Out,)」、本記のためにヘッドラインを読婿とができる。

そして2番目、「南部人は高等裁判所判決を攻撃する(Southerners Assail High Court Ruling,)」で、私たちがどれくらい遠くに来たかの有用な注意である。
公立学校の中の分離を禁止する最高裁判所の満場一致の決定は、昨日、重要な南部の立法者から速く苦しい抗議をもたらしました。

ジョージア州リチャードB.ラッセル上院議員(Sen. Richard B. Russell/Ga.)上院の南の民主主義のコーカスのトップは、裁判所が間違っていると怒って非難し、「柔軟なツール」管理部は、
「方法は、憲法を無視する裁判の傾向および有能で公平な裁判官…"の先例をチェックする泉であるに違いありません。

ステートメントで、さらに温和でない、ジェームズO.イーストランド民主党上院議員(ミズーリ州/Sen. James O. Eastland/D-Miss.)は南部で「滞在しないだろうことによって、政治的な法廷によるこの立法の決定に従う。」と宣言した。
次に、
「私たちは、教育での差別を保持するのに必要などんなステップでも削除するでしょう。」と言った。

オバマ大統領が誕生してから,多くの黒人が採用されている。

新聞ニューヨークタイムズ( New York Times)も2014年05月15日に、以前はロサンジェルスタイムズを編集し、ピューリツァー賞を受賞するジャーナリストであるディーン・バケットは、新聞をリードする最初のアフリカ系アメリカ人になった。

2014-05-15---ニューヨークタイムズの編集責任者を不意の動きで初の女性に交代。
2014-05-02---LAクリッパーズのオーナー、人種差別発言でNBAから追放。終身禁止。
1963-09-09---アラバマ州で州兵を出動させ、黒人生徒を登校させた。
1963-08-28---キング牧師が、「私には、夢のスピーチがある」と演説した。
1947-04-15---ジャッキー・ロビンソンがブルックリン・ドジャーズでデビューした。
1947-04-10---米国大リーグの球団に、ジャッキー・ロビンソンが入団した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.