AD SPACE

2014-05-16

魚雷の発明者は、19世紀選挙集会で本通りに魚雷を発射した。

戦争と平和

BBC Newsは、ヨーロッパは来週、投票へ行く。
しかし、選挙熱は時々供給不足のように見える。

恐らく、それはそんな悪いものではない。

著者ジェレミー・クレイ(Jeremy Clay)は、19世紀選挙集会の物語で酔っていた魚雷(torpedo)の発明者が、自分の住んでいる本通りで魚雷を発射したと伝えている。

[AD] You can advertise on this site.

「乱暴な」カニングハムとして知られる人は、彼の故郷の荒廃の場面で大通りを下って悲しげに見つめた。

破壊された建物。

平らになった店。

残骸は一面に散らかった。

そして煙道、ライトバックを彼が立っていた場所ヘ導いて、非難するような指のようになっていた。

恐らく、彼は反射において、度を越しすぎた。

パトリック・カニングハム(Patrick Cunningham)は米海軍のために魚雷を構築した発明者であった。

それは長さ17フィートでパックし、十分、船に深刻な損害を行うのに爆発性であった。

あるいは、結局のところ、本通り。

マサチューセッツの捕鯨する町ニューベッドフォード(Massachusetts whaling town of New Bedford)に入ってきて、政治的な大宣伝が来たので、損害は大統領選挙の尖頭上で1896年10月の末端で行われた。

群衆は通りを詰め込んだ。

建物は何千もの旗で飾られた。

バンドおよびパレードおよび熱弁スピーチがあった。

そしてそれすべての後に、花火のディスプレイが起こった。

恐らく、後悔するため、彼に来た電球の瞬間をパトリックに与えたのは花火技術であった。

花火技術、または酒。

恐らく2つのコンビネーション。

人の派手な愚鈍で、それを知っていた、すべて、止まるべき時間以外は、カニングハムは彼のワークショップに急いだ、また発明をロードした、それはワゴン上への助走をつけた悪魔として知られるようになった、またそれを適切に不適当なスポットへ持って来た。

「彼がつけた通りの真中に魚雷を置くこと、それ、そして機械、直ちに猛烈なスピードで通りをこちらへ始められた。」ウースタシア・クロニクル(Worcestershire Chronicle)が報告した。

地面から足に沿って裂けることで、酔っているスズメバチの無計画な飛行経路に続き、歯擦音の魚雷は、木からはね返った、道を横切って変わって、また店の側面が強打された。

いくつかの報告書は、それが食料品店だったと述べている。

それが肉屋だったと言う人もいた。

それが市場ホールだったと言う人もいる。

すべては結末で一致していた。

「建物を直ちに倒壊しました」とウースタシア・クロニクルが言った。

「その後、魚雷は近辺の家のいくつかのブロックを粉砕して、爆発した。

ものすごい爆発までは数マイル遠方に聞かれた。

「幸運にも、誰も死にませんでした。」とレポートは続けた。
「しかし、他のものが数個の石および材木が吹き飛ばされたことにより傷つけられた一方、その時の市場にいた4人が多くの残骸で猛烈に投げられた。」
その後、重さ75ポンドである榴散弾の塊は次の通りで見つけられた。
ここでそれは屋上に投げつけられていた。

事態は近い将来の逮捕されたカニングハムにとって冷酷に見えた。
しかし、彼が引き起こした混乱を熟考するとともに、1つの小さな慰めがあった。

彼の発明は採用された。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.