2014-05-15

貨物船が座礁し、ガラパゴス諸島緊急事態宣言。

BBC Newsは、エクアドルは、先週座礁した物船がまだ群島の脆弱な生態系を脅かすと言って、ガラパゴス諸島(Galapagos Islands)で緊急事態を宣言したと報告した。

船荷の荷は降ろされた。
しかし、当局は、潤滑油のような汚染物質が、船の内部で環境被害をこぼし引き起こすかもしれないと言った。

それらは船を削除するために働いていた。

ガラパゴスは、ゾウガメ、ウミイグアナおよび無飛力の鵜のようなユニークな動物種のホームである。

1978年には、火山島全体がユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)によって世界遺産サイトと宣言された。

エクアドル船籍の貨物船Galapafaceは、サンクリストバル島(island of San Cristobal)の岩の海岸からこの前の金曜日に座礁した。

それは70,000リットル以上のディーゼル燃料(15,400ガロン)を運んでいました。

ガラパゴスの知事は、燃料をすべて空にしたにもかかわらず、いくつかの汚染物質が内部のままだったと言った。

「船は座礁し、ガラパゴス海軍予備軍(Galapagos Marine Reserve)は環境危険を示し続け、そのエリアを出発するに違いありません」とジョージ・トーレス(Jorge Torres)がEfe通信社に伝えた。

ステートメントで、エクアドル政府は、船を削除するために緊急措置で、資源を解放するだろうと言った。

「非常事態宣言の結果、リスク・マネジメント事務局は、この緊急事態を克服するために必要とされる品物の購入、サービスの調達および仕事を直接行なうことができるでしょう。」
それは、船の除去を終えるのにどれくらいかかるか言わなかった。

これはガラパゴス中の最初の船事故ではない。

2001年には、石油タンカーがて、サンクリストバルの沖合で座礁し、さらに燃料をこぼし、ウミイグアナの数を10分の1にした。

群島、南アメリカの大陸から約1,000KM(625マイル)、エクアドルでの主要な観光名所である。

それは、最初にその固有の鳥フィンチ(inches)で知られるようになった。
それは1830年代に英国の科学者チャールス・ダーウィン(Charles Darwin)によって研究された。

サンクリストバル島(island of San Cristobal)のGoogle Earthポインター情報
0°52'02.9"S 89°26'11.0"W
または、
-0.867472, -89.436392