2014-05-15

靴箱サイズのミニ衛星「cubesats」は、地球の高解像度視界を送信。

宇宙

BBC NEWSは,これまで体力任せの宇宙開発であったが,ついにこんな小さなミニ衛星時代がやって来たと報告した。

森林破壊木をモニターできるミニ衛星、土地の巨大な包帯上に一日単位で作物の健康および産出を遠隔にモニターする農民。

恐らく一週間に境界を横切って努力しないで人身売買のフローを評価する支援組織。

そして地域を横切ってその自動車駐車場の乗り物の全くの数を数えることにより、小売り店チェーンの足音を評価するビジネス小売りアナリスト。

私たちの世界が毎日高所から観察される場合、これらは考えられる無数の可能性のうちの単にいくつかにすぎない。あるいは毎年ではなく、毎週、完全に私たちの地球をののGoogle Earthのようなサービス上の画像を更新するために、それが現在とることができる。

すぐに、新しいイメージに焦点を置いた宇宙開発競争がしっかりとスピードを上げているので、これらの可能性は現実に形を変える。

民族国家あるいは巨大団体によって導かれるのではなく、シリコン・バレー・テクノロジー操業開始まで、全産業を分裂させるように従来の思考に挑戦している。

それらのゴールは、その全体で、私たちの惑星の写真を撮り、分析することにより、地球で導かれた活動についての先例がない理解を明らかにすることである。

この革命の新しいビルディングブロックは、宇宙研究を支援するために大学の過去十年間で開発されて、小さな一群の靴箱サイズの「cubesats」は安く小型の衛星である。

この発想は,もともと体力が無い日本が,国際舞台で対当に渡り合えるように開発された。

それこそ,ペンシルロケットで,簡単に打ち上げられるミニ衛星時代が来ることだろう。

例えば,今回のマレーシア航空機の発見よう専門の衛星を安価で打ち上げるべきだった。
目的がシャープなら,それだけを目的にした衛星も開発できる。

失敗しても,安価で大きな問題にならない。

2014-02-28---国際宇宙ステーションからの1セットの小さなCubeSatsを展開。
2013-11-19---3機のナノ衛星「Cubesats」を宇宙ステーションから放出。
2011-09-15---北極海航路の安全支援商用衛星開発と打ち上げ計画。