AD SPACE

2014-05-16

ブラジルのアンチ-ワールドカップ抗議はサンパウロとリオを襲った。

BBC News、ワシントンポスト(The Washington Post)は、ブラジルの機動隊は、サッカー・ワールドカップを主催するコストに対して,抗議しているサンパウロ(Sao Paulo)とリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で何千もの人々を分散させるために催涙ガスを発射したと報告した。

何人かの抗議者は石を浴びせた。
その一方で他のものはタイヤおよび塞がった道を焼いた。

[AD] You can advertise on this site.

彼らは、US$数十億が社会事業と住宅ではなく、来月のサッカートーナメントに費やされているのに腹を立てていると言った。

抗議は、さらに首都ブラジリアを含む他の多くの都市で起こった。

教師と公務員は特に、ブラジル中でさらにストライキ中である。

リオでは、主な道路上のラッシュアワー時に、交通遮断して進む何百もの人々を示した。

この都市は、2014年07月13日にワールドカップの決勝を主催する。

その抗議者は、ブラジルで最も大きな都市サンパウロで、分散し始める前に警察と衝突した。

通りにいる人々の数は、昨年の同様の抗議によりもはるかに低かった。

しかし、それらのとる部分のうちのいくらかは、ワールドカップがより接近しているようになるとともにデモンストレーションがより大きく、より頻繁になるだろうと約束した。

2013年06月、100万人以上が、貧弱な公共事業、腐敗、およびワールドカップを主催する高額の上で同様の抗議があった

トーナメントは6月12日に始まる予定である。

BBCのゲーリー・ダフィーはサンパウロ(Gary Duffy in Sao Paulo)から、それらがトーナメント中に直面するかもしれないセキュリティへの挑戦の表示として政府によって抗議の数が注意深く見られるだろうと言った。

彼は今年のワールドカップと大統領選挙の両方と共に、それを加えます、多くのグループが、政府に最大圧力をかける機会を見つけた。

デモンストレーションはサンパウロで、都市の競技場コリティアン競技場(Arena Corinthians stadium)の近くのイタケラ地区(Itaquera district)で最も大きな抗議のうちの1つから、その日に始まった。
それはトーナメントの初戦を主催する。

そこの抗議者は、競技場ではなく、住宅が世界サッカー統治機関に関してFifa基準に従って構築されることを要求した。

「我々のゴールは記号である」とホームレスの労働者移動のヘッドであるGuilherme Boulosが言った。

「我々は競技場を破壊しないか破損したくない。我々が望むものは、労働者が住宅にアクセスし、かつワールドカップが貧困層に持って来た結果を示す、より多くの権利である。」

それがワールドカップと関係がなかったと主張して、政府は、木曜の不安の目盛りを軽視しようとした。

「私が見たものから、これらは労働者による特定のクレームである。」
「私は、(ワールド)カップと関係のあるものは何も見ていない」
「トーナメント用の300万人のブラジルの観光客と600,000人の外国人観光客を受け入れることにより進んでパニックにする理由はない。」とブラジルのスポーツ大臣アルド・レベロ(Aldo Rebelo)が言った。

計画された抗議は、北東部の州Pernambucoの警察を含む、1つ一連のストライキと同時に起こった。

ストライキがその3日目に終了する前に、軍隊は何人かの強盗の後で、追加的支援をするためにそこに展開し略奪していた。

地元マスコミは、最後の24時間だけで、234人が逮捕されたと報告した。

州都レシフェ(Recife)はワールドカップ中に5つのマッチを主催する予定である。

暑い国の騒動は、暴走しやすく、冷やすのに苦労する。

日本からの選手やファンは,十分に注意して欲しい。

2014-05-14---新しいワールドカップ・サッカーボールの秘密。
2014-05-12---ブラジルの2014:ファンが知る必要があること!
2014-05-12---ザッケローニ監督、W杯登録メンバー23人を発表した。
2014-05-07---ブラジルの大都会にできたテント村。
2014-04-23---ワールドカップ2カ月前のリオで銃撃戦!本当に大丈夫か?
2014-04-23---ブラジルのシルバー・サーファーは波に乗る!
2014-04-18---ブラジルWorldCupのチケット。
2014-04-04---ブラジル世論調査、「露出の多い女性はレイプされて当然。」
2014-03-30---ブラジル軍は、ワールドカップに先立ってスラム街から麻薬を排除。
2014-03-30---世界的な人間と蚊の戦い。
2014-03-26---2014年ワールドカップ公式時計を発表。
2014-02-04---ショートカットで、ブラジルの都市で大停電。
2014-01-26---ワールドカップ直前のブラジルで、反ワールドカップ抗議。
2014-01-21---ブラジルのワールドカップ競技場が完成できない。
2014-01-18---キリストの親指が欠けた!
2014-01-05---ブラジル・ワールドカップで、外国の航空会社が国内運航を認可!?
2013-12-28---ブラジルのPedrinhas刑務所内で、ギャング抗争は2013年に59人を殺した。
2013-12-06---2014ワールドカップのファイナル・グループ。
2013-11-09---リオのオリンピック大会まで,残り1000日。
2013-06-08---リオデジャネイロのオリンピックの開催まで、18カ月。
2013-04-01---オリンピックとワールドカップで注目されるリオで、外国人観光客をレイプ!
2012-10-14---リオの北部スラム街を麻薬撲滅でブラジル警察が襲撃!
2012-01-22---ブラジル警察は、サンパウロの近くのスラム街を襲撃!
2011-09-16---ブラジルは2014年のワールドカップ・カウントダウンを開始!
2011-09-06---リオのスラムで、銃撃戦(gunfight)!
2011-06-30---リオのオリンピックで追い出されるリオの貧民街の貧乏人。
2011-06-20---ブラジル警察は、リオのスラム街を占領!
2011-05-28---リオデジャネイロのストリート・アートと犯罪の温床。
2010-11-28---リオの麻薬密売人の本拠地スラム街に、最終警察と軍が突入開始!
2010-07-27---リオ、2016年五輪大会前に26万以上が住むスラム街を消す計画。
2009-10-20---2016年夏季オリンピック開催地の銃撃戦で、21人が死亡。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.