gaYa広告

2014年05月15日

ロサンジェルス、オイルパイプから油が通りに流出。

BBC Newsは2014年05月15日に、ロサンジェルスのオイルパイプの壊れは、通りで概算10,000ガロン(38,000リットル)の油をこぼしてた、とLAFD(Los Angeles Fire Department/LA消防署)が言ったと報告した。

原油は、約0.5マイル(0.8km)のエリアへ広がり、初期の報告でLAFDは、油が「いくつかのエリアで膝の高さ」までになったと報告した。

オイル・ラインは遠隔で止められた。
また、0600の現地時間(1400のBST)によって、ほとんどの油は掃除機をかけられた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

4人が呼吸障害を報告した。
また、2人は病院へ搬送された。

少数の営利事業が影響された。
また、ストリップ・クラブが待避させられた。

上記の土地のオイルパイプは、ロサンジェルスの主要道路サンフェルナンド道(San Fernando Road, a major road in Los Angeles)の近くで木曜日の午前に壊れた。

AP通信社は、LAFDスポークスマンであるエリック・スコット(LAFD spokesman Erik Scott)が、ロサンジェルス川へ超過雨水を運ぶ都市の雨水管に油が入ったかどうかは、「目に見える証拠はない」と報告した。

しかし、スコット氏は、油がそのエリアのマンホール・カバーの下で漏出したことはありえると言った。

その事件は02:05現地時間(09:05 GMT)に、LAFDによって報告された。

LAFDトラクター会社および危険物処理班は場面にあった、と職員は言った。

街メンテナンス・チームは、輸送のローカルの部が管理する交通で支援している間、流出を閉鎖するのを支援するために砂を使用していた、と職員が付け加えた。

地元マスコミによって報告された映画フィルムは、パイプから上方へ放ち、通りを流れる油を示した。

LAFDは、1,000,000ガロンがこぼれたともとは推測したが、その後50,000ガロン、そして次に10,000ガロンまでこれを改訂した。

原油は炭化水素の引火性混合物で、異なる燃料を生産するために使用することができる。

ロサンジェルス市内にに原油のパイプラインがある?
東京には,そんなパイプラインはないだろう。

ロサンジェルスの主要道路サンフェルナンド道(San Fernando Road, a major road in Los Angeles)のGoogle Earthポインター情報
34°08'31.1"N 118°16'14.3"W
または、
34.141978, -118.270631

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。