2014-05-15

日本は、消費税率を上げる前、高い伸びを記録。

BBC Newsは、日本の経済は、消費税率増加に先立つ増加した支出により第1四半期にほぼ3年で最も速い歩みで2014年04月1日までに成長した。

公式データは、先の四半期中の改訂された0.1%に対して、1月〜3月の時期にGDPが1.5%上昇したことを示した。

その数字は、1%の成長のための予測を裏切り、2.1%上昇した消費者支出によってリードされた。

ビジネスによる資本投資も技量が上であって、4.9%上昇し、それはアナリスト期待に十二分でダブルのだった。

民間消費は、日本の経済の約60%を占める。

しかし、経済学者は、4月の増税が今導入されたので支出が先細になるかもしれないと警告した。

「日本の経済は、消費税率の引き上げに先立って急速に拡大したが、その後落ちる準備ができている」
「前方に見て、増税の後の支出中の消費者制御および住宅投資は、突っ込む準備ができているので、経済はその年の第2四半期に確かに収縮するだろう。」とCapital Economicsの日本経済学者マルセル・ティリアント(Marcel Thieliant, Japan economist)が言った。

安倍晋三日本国首相は、世界で3番目に大きい経済の成長を復活させようとしている。

「アベノミクス」の彼の政策は、日本経済がより速く成長するのを支援した。
しかし、懸念は回復が永続性かどうかに関して残っている。

アナリストは、日本の巨大な貿易赤字が成長に危険をもたらすかもしれないと警告している。

月曜日にリリースされたデータは、円安が日本の製品を海外のバイヤーに、より安くしたとともに輸出品が前期比6%増になったことを示した。

しかし、より弱い通貨は輸入品をさらに日本のために、より高価くした。
それは、原子力の不足を補うために莫大な燃料を外国から買い続けた。

PNC・ファイナンシャル・サービシーズ・グループのシニア国際経済学者ビル・アダムズ(Bill Adams, senior international economist for PNC Financial Services Group)は、さらに第2四半期の景気縮小を予測した。

「それらが前の2四半期の各々に持っているので、日本の輸入品は第1四半期の輸出品より速く成長し続けました。」
「アベノミクスは円安が日本の輸出品を押し上げている以上に、日本の輸入需要を押し上げました。」と彼が言った。

麻生副総裁の漫画経済学では,すぐに限界がくる。