2014-05-15

ライバルが脅かすとともに、携帯電話事業者は、「キャリアー・ビリング」の役割を防御。

Mobile World Liveは、ロンドンで開催されている「mPAYMENTS SUMMIT, LONDON」からとして、携帯電話事業者は、加入者のモバイル・アカウントから処理のコストをとることを含んでいる「キャリアー・ビリング(carrier billing)」がPingitまたはPaymのようなイギリスに多数の新規参入者にもかかわらずまだ適切であると主張したと報告した。

「便宜の点で、それは小さくデジタルで品物のために請求する、最も真直ぐな方法です。」
「ユーザーは現金またはクレジットカードを必要としません。また、始めるのは簡単です」と、ボーダフォンのプレミアム音声とビデオ製品管理者ジェレミー・スタッフォード=スミスがパネル中に言った。

しかし、この前の1〜2年にわたって、多くの新しいモバイルペンイメント・サービスはイギリスで開始した。
それらのうちのいくらかは、ユーザーに単なるそれらのモバイル番号を使用して、それらの銀行口座から金銭を直接転送させる。

携帯電話事業者は、これらの新しいライバルから位置を守る。
その多くは、主要な小売銀行に支持されている。

3(Three)のモバイルペンイメント・サービス・トップであるシャラン・ラッタン(Sharan Rattan))は、「キャリアー・ビリング」が「低い値で高いのボリューム品物で、特に便利である。」と言った。

しかし、ペイメント手段として、「キャリアー・ビリング」は、物理的な品物ではなく、ディジタルに単に利用可能である。

その間に、EEのオン-ビル・サービスのヘッドサイモン・ウィングローブ(Simon Wingrove, EE’s head of on-bill services)は、システムが預金してなく積み上げられなかったものにどのようにアクセシビリティを供給するかについて話した。

ユーザーは、現金が上部に付けられるプリペイド・モバイルの取り引きを持つ限り、その後、それらは「キャリアー・ビリング」を利用することができる。
「キャリアー・ビリング」を金融包含の形式と見なすことができる、と彼はコメントしました。

私は,多くのモバイルペンイメントやモバイル・マネー・サービスが登場しているが,その基本は、プリペイド・モバイルによる「キャリアー・ビリング」であり、それだけが最後にモバイル・マネーに到達できると信じている。

その他のサービスも結局、プリペイド・モバイルによる「キャリアー・ビリング」をウォレットという考え方で,プリペイド・フォンでないものは,2階層にしてプリペイド・モバイルを確保すべきであると考えている。

なぜなら,それがもっとも単純で,安全と言える。

多くのセキュリティ・サービスも登場しているが,複雑になればなるほど,バグが増える。