2014-05-15

HCEを背部をつけたペイメントは、Inside Secureが提示。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、NFCのベンダーInside SecureがリードするHCE(Host Card Emulation/ホスト・カード・エミュレーション)に基づいたペイメント用の白いラベルのAndroid appを始めたと報告した。

それがあらかじめ有効になったHCE機能性を提示するので、ベンダーは、MatrixHCEと呼ばれる新しいappがモバイルペンイメント供給者のために売買する時間を促進するだろうと言った。

安全な内部は、HCEによって持ち出されたセキュリティ上の問題をアドレスしようとさらに努力した。

HCEは、処理の機微なデータが保存されることをモバイル・デバイスではなく、ハードウェアに基づいた安全な要素の使用のないクラウド・サーバー上で可能にし、アクセスした。

MatrixHCEは、ペイメント・セキュリティでSecure背景の内部でMetaforicが最近の獲得した、obfuscationとホワイトボックス暗号化技術(whitebox encryption technology)と呼ばれるのエキスパートから獲得された専門知識を結合する。

さらに、それは、マスターカードとビザによって発表された標準を支援している。

さらに、新しい適用は、クラウド・サーバーとモバイルappの間の交換を提示する一層の保護で、安全なネットワーキング技術を埋め込んだ。

INSIDEのモバイルのセキュリティ部門の上級副社長サイモン・ブレーク=ウィルソン(Simon Blake-Wilson)は、
「我々の解決は、使用可能なHCEに基づいた決済ソリューションを伝える際に重大問題を解決するための適用とクラウド・セキュリティを組み合わせることにより、ソフトウェア・セキュリティでバーを上げる。」と言った。