2014年04月17日

宇宙探査機LADEEは、弾丸より3倍速く月面に激しく激突した。

The Space Reporterは2014年04月20日に、月の大気およびダスト環境を調査してきた宇宙探査機LADEE(ラディ/The Lunar Atmosphere and Dust Environment Explorer)は、2014年04月17日の9:30と午後10:22(PDT)の間に月へ激突したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

長期的な月軌道を維持するのに不十分な量の燃料により、NASAは、LADEEの軌道を宇宙船の最終の低高度科学過程に続いて、当然破壊させることを強いられた。

「インパクトの時に、LADEEは強力なライフル銃弾丸の速度の約3倍に相当する時速3,600マイルの速度で移動していた。」とエームズのLADEEプロジェクト科学者リック・エルフィック(Rick Elphic, LADEE project scientist at Ames)は言いました。

「これらの速度でインパクトに関して温和なものは何もありません。それは、単に水平なエリアを横切ってLADEEが斜面あるいは散在した残骸の局所的な小火口を作ったかどうかという問題です。どんな種類の特徴LADEEが作成したか確かめることは面白いでしょう。」

そう言えば、月には中国のローバーがいる。

NASAの科学者は宇宙船のインパクトの正確な時間および位置を正確に示そうとするだけでなく、恐らく衝突場所のイメージを捕らえるために、それらは宇宙機関のLRO(Lunar Reconnaissance Orbiter/月偵察オービター)チームと協力する。

LADEEプログラム役員ジョウン・サルト(Joan Salute, LADEE program executive)は、「LADEEは最高級品のミッション」でしたと言った。

宇宙探査機は、非常に細い月の大気の構造および組立てに関する詳細情報を収集した。

結局、科学者は、LADEEデータが、それらが月のほこりでいくつかのアポロ・ミッション中に月の地平線上に観察されたプレ朝焼けの原因だったかどうか判断するのを支援することができることを望んでいた。

宇宙船は、さらにNASAの電波の代わりに双方向通信でレーザーを利用する最初の専用システムを主催した。

記録破りのことを実証されたLLCD(Lunar Laser Communication Demonstration/月レーザー通信デモンストレーション)データは622メガビット/秒(Mbps)ダウンロードし、20Mbpsでアップロードした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告