2014年04月23日

ネズミで、アルツハイマー病の記憶回復に成功。

美容と医学の科学

AFPは2014年04月24日に、アルツハイマー病を患ったネズミを使った実験で、失われた記憶を遺伝子治療で回復することに成功したという研究結果が、2014年04月23日の米専門誌「神経科学ジャーナル(Journal of Neuroscience)」に掲載されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Crtc1 Activates a Transcriptional Program Deregulated at Early Alzheimer's Disease-Related Stages
Arnaldo Parra-Damas1,2,*,
Jorge Valero1,2,*,
Meng Chen1,2,
Judit España1,2,
Elsa Martín1,2,
Isidro Ferrer2,3,
José Rodríguez-Alvarez1,2,
Carlos A. Saura1,2

The Journal of Neuroscience, 23 April 2014, 34(17): 5776-5787;
doi: 10.1523/JNEUROSCI.5288-13.2014

Received December 18, 2013.
Revision received February 5, 2014.
Accepted March 17, 2014.

以前から、知人でこのようなネズミなどの開発が、病理学の間で大きな需要を生むことから、巨額を稼げる、隠れたビッグ・ビジネスになると聞いたことがある。

アルツハイマー病を患ったネズミの作り方は、興味深い。

スペインのバルセロナ自治大学(Autonomous University of Barcelona)の研究チームは遺伝子組み換えマウスを使った実験で、記憶に関係する脳の海馬に、アルツハイマー病の患者で阻害とされるタンパク質を生成する遺伝子を注入した。

「遺伝子治療により注入されたタンパク質は、長期記憶の固定に関与する遺伝子の活性化に必要な信号を動作させる」と同大は声明で述べた。

「今回の研究が、人間でもこれらの遺伝子を活性化させ、記憶を回復させる薬剤の開発につながることを期待している」と研究チームを率いるカルロス・サウラ(Carlos Saura)はAFPの取材に語った。
しかし、現実的に人間で実行化されるにはかなりの時間が必要だろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告