on-the-time.jp

2014-04-23

オバマ大統領は、寿司が苦手?

AFPは2014年04月24日に、公には、すしに興味津々の様子を見せた来日中のバラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領だったが、2014年04月24日のメディア報道によると、実際にはコースを半分まで食べたところで箸を置いた伝えていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

オバマ大統領は2014年04月23日夜、東京・銀座の三つ星すし店「すきやばし次郎(Sukiyabashi Jiro)」に安倍晋三(Shinzo Abe)首相と共にノーネクタイで訪れ、カウンター席に座った。両首脳の関係を深める機会とされていた会食だったが、TBSの報道によると、大統領は世間話をしたり、すしに舌鼓を打ったりする間もなく、すぐに日米交渉の話を始めたという。

同店の88歳になるすし職人小野二郎(Jiro Ono)は、20貫ほどのすしを客の食べるペースに合わせて一つずつにぎる。
だが「すきやばし次郎」と同じ雑居ビルの地下にある焼き鳥店の店主が「次郎」の店員から聞いた話としてTBSに語ったところによると、オバマ大統領はコースを半分ほど終えたところで箸を置いた。
一方の安倍首相は完食したという。2人の会話はかなりフォーマルなものだったとされる。

食事を終えて店から出てきた両首脳は、夕食会は成功だったとコメントした。
オバマ大統領は報道陣や集まった人たちに対し、「おいしいすしだった」と述べていた。

菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は2014年04月24日の記者会見で、「大統領はかなりの量を食べた」と述べた一方、実際に何貫食べたのかという質問には回答を避けた。
ただ、「大統領の表情から、非常に満足してもらえたと思っている」と話した。

生の魚を食う習慣がない国で、ときどきこういうことが起こる。
次は、ぜひ河豚を---以前、海外の取材で、猛毒の河豚を食うのは、武士道かと言っていた。

猛毒の河豚を米国大統領に食わせるというのは々だろう。

テロだと言われるかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.