on-the-time.jp

2014年04月23日

オバマ大統領は、寿司が苦手?

AFPは2014年04月24日に、公には、すしに興味津々の様子を見せた来日中のバラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領だったが、2014年04月24日のメディア報道によると、実際にはコースを半分まで食べたところで箸を置いた伝えていると報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

オバマ大統領は2014年04月23日夜、東京・銀座の三つ星すし店「すきやばし次郎(Sukiyabashi Jiro)」に安倍晋三(Shinzo Abe)首相と共にノーネクタイで訪れ、カウンター席に座った。両首脳の関係を深める機会とされていた会食だったが、TBSの報道によると、大統領は世間話をしたり、すしに舌鼓を打ったりする間もなく、すぐに日米交渉の話を始めたという。

同店の88歳になるすし職人小野二郎(Jiro Ono)は、20貫ほどのすしを客の食べるペースに合わせて一つずつにぎる。
だが「すきやばし次郎」と同じ雑居ビルの地下にある焼き鳥店の店主が「次郎」の店員から聞いた話としてTBSに語ったところによると、オバマ大統領はコースを半分ほど終えたところで箸を置いた。
一方の安倍首相は完食したという。2人の会話はかなりフォーマルなものだったとされる。

食事を終えて店から出てきた両首脳は、夕食会は成功だったとコメントした。
オバマ大統領は報道陣や集まった人たちに対し、「おいしいすしだった」と述べていた。

菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は2014年04月24日の記者会見で、「大統領はかなりの量を食べた」と述べた一方、実際に何貫食べたのかという質問には回答を避けた。
ただ、「大統領の表情から、非常に満足してもらえたと思っている」と話した。

生の魚を食う習慣がない国で、ときどきこういうことが起こる。
次は、ぜひ河豚を---以前、海外の取材で、猛毒の河豚を食うのは、武士道かと言っていた。

猛毒の河豚を米国大統領に食わせるというのは々だろう。

テロだと言われるかもしれない。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト