gaYa広告

2014年04月23日

ワールドカップ2カ月前のリオで銃撃戦!本当に大丈夫か?

BBC Newsは2014年04月23日に、警察からの情報によれば、ブラジルの都市リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で致命的な抗議は、若者の死に続いて発生した。

その若者は、2014年04月22日火曜夜にPavao-Pavaozinho近隣で起こった暴力事件で、射殺された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

スラム街からの抗議者は、コパカバーナの近くの観光地で、タイヤのバリケードを設け、それを燃やして通りの閉鎖に結びついた。

ブラジルでワールドカップ・サッカーを主催する数週間前に、暴力は起こった。

不安は、26歳の専門のダンサーダグラス・ラファエル・ダ・シルバ・ペレイラ(Douglas Rafael da Silva Pereira)の遺体がPavao-Pavaozinhoで発見された後にスタートした。

腹を立てた居住者は、ペレイラを殴り殺したことでオフィサーを非難するため、地方の警察署に向かって行進した。

証人は、自動車が燃え上がったと言いました。
地方の警察署は攻撃され、スラム街から砲撃を聞くことができた。

「煙が至る所で立ち上がり、通りで撃ち合いが起こり、人々は家に逃げ帰った。」とAFP通信社は伝えた。

Pavao-Pavaozinhoは、リオの貧民街の1つで、麻薬密売人からコントロールを奪い取るためにエリアでの動きを監視していた。

重装備した暴力団をコミュニティーから遠ざけて、6月から7月にワールドカップ・サッカーをに先立つ警察当局を再格納する、都市当局による試みです。

しかし、ブラジルの警察がどんな暴力団にも接続されない居住者を時々殺して、過度の力を使用したことで非難されたように、プログラムは論争の的になっている。

アムネスティ・インターナショナルは、約2,000人が毎年、警察暴力の結果ブラジルで死ぬと言った。

「スラム街を和らげるこの努力は失敗です」
「警察の暴力は、単に麻薬暴力団が以前に実行したものを交換しています。」と住民のヨハナス・メスクイタ(Johanas Mesquita)がAP通信社に伝えた。

こんなところに観光客が行って、安全なのか?

どうもワールドカップ・サッカー開催機関にも麻薬は蔓延しているようである。

何千ものビジターが2014年06月12日にサンパウロでスタートし、2014年07月13日にリオの有名なMaracana競技場の決勝で終わるワールドカップでリオを訪れると予想されている。

リオに行くのは中止した方が----

ブラジルで、刑務所に入れられると、さらに厳しい地獄が迎えてくれる、

2014-03-30---ブラジル軍は、ワールドカップに先立ってスラム街から麻薬を排除。
2014-03-26---2014年ワールドカップ公式時計を発表。
2014-02-04---ショートカットで、ブラジルの都市で大停電。
2014-01-26---ワールドカップ直前のブラジルで、反ワールドカップ抗議。
2014-01-21---ブラジルのワールドカップ競技場が完成できない。
2014-01-18---キリストの親指が欠けた!
2013-12-28---ブラジルのPedrinhas刑務所内で、ギャング抗争は2013年に59人を殺した。
2013-12-06---2014ワールドカップのファイナル・グループ。
2013-11-09---リオのオリンピック大会まで,残り1000日。

Pavao-PavaozinhoのGoogle Earthポインター情報
22°58'49.9"S 43°11'45.6"W
または、
-22.980517, -43.196003

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト