on-the-time.jp

2014年04月23日

ナマケモノの内蔵は、逆さにぶら下がるための構造であった。

美容と医学の科学

AFPは、ミツユビナマケモノ(three-fingered sloths Bradypus variegatus)の腹腔内容物(abdominal contents)は下位肋骨(ろっこつ)に固定され、逆さまにぶら下がるときに肺を圧迫しないような独特の構造になっているというた研究論文が、2014年04月23日の英国王立協会(British Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載されたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ただし、コスタリカのThe Sloth Sanctuary of Costa Ricaのように、多くのナマケモノがいると、経済は破綻することだろう。

Mitigating the squash effect: sloths breathe easily upside down
Rebecca N. Cliffe1,3,
Judy A. Avey-Arroyo3,
Francisco J. Arroyo3,
Mark D. Holton2 and
Rory P. Wilson1⇑

Published 23 April 2014
doi: 10.1098/rsbl.2014.0172
Biol. Lett. April 2014 vol. 10 no. 4 20140172

1Swansea Lab for Animal Movement, Biosciences, College of Science, Swansea University, Singleton Park, Swansea SA2 8PP, Wales, UK
2College of Engineering, Swansea University, Singleton Park, Swansea SA2 8PP, Wales, UK
3The Sloth Sanctuary of Costa Rica, PO Box 569-7300, Limon, Costa Rica, Central America
e-mail: R.P.Wilson@swansea.ac.uk

中南米に生息するミツユビナマケモノは、後ろ脚で木にぶら下がり、枝の先にある若く柔らかい葉を食べて一生の大半を過ごす有名な哺乳動物である。
代謝が非常に低いため、1枚の葉を消化するまでに1か月かかることもある。
体重の3分の1程の尿とふんをためておくことが可能で、排せつは週に1回ほどである。

つまり、生涯の便秘である。

論文共著者で、イギリスのウェールズ(Wales)にあるスウォンジー動物行動研究所(Swansea Laboratory for Animal Movement)のレベッカ・クリフ(Rebecca Cliffe)はAFPに、「つまり、胃と腸の内容物が体重の大きな部分を占めることになる」と説明した。

「ナマケモノ(sloths breathe)のエネルギー供給量は制限されているので、逆さまにぶら下がりながら呼吸するだけでもエネルギー的な意味で非常にぜいたくということになる。」

この研究で、レベッカ・クリフと研究チームは、マナケモノの肝臓や胃、腎臓などの腹部の器官が肋骨に固定され、ナマケモノが逆さまになったときも横隔膜を圧迫しないような構造になっていることを発見した。

「一見すると無用に見えるこの固定が、ナマケモノのエネルギー予算と生存にとって重要な可能性が高い。」と論文は結論づけている。

レベッカ・クリフによれば、この構造により、ナマケモノのエネルギー消費量は、エネルギー学に基づいたモデルを使用するち、13%削減されているといっている。

継続的な研究で、個々のナマケモノの体角度選択があれば、これは1日につき個々の価格が0.01〜8.6%の間で変動するが、全体で0.8–1.5%の省エネルギーを意味するのに等しいと言っている。

これは、他の哺乳動物と比較して、非常に低いエネルギー食と、怠惰の縮小された代謝速度を与えられて、これらの外見は無害の付着は動物のエネルギー収支および存続において重要であるといえると報告している。

13%削減は大きいので、これは、省エネの考えに利用できるかもしれない。

The Sloth Sanctuary of Costa Rica, PO Box 569-7300, Limon, Costa Rica, Central AmericaのGoogle Earthポインター情報
9°47'58.4"N 82°54'54.4"W
または、
9.799564, -82.915111

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。